2018年01月21日

鳴神山

1月21日(日)
赤城山は雪が少なく面白くないので 昨日赤薙山に参加してくれたTさんの訓練登山の山「鳴神山」に行ってみよう!と思い立ち行って来ました

川内からのコースで登ったことがないので 明日から大雪になるなんて天気予報で言ってるし・・・「いつ登るの?」「今でしょ!」

どうでもいいか〜と思っていたので ゆっくりな朝食と洗濯をしそれでもまだグズグズしていたので 決心してからザックに食料を入れ登山届を電子申請で出して 荒山で個人会の交流登山に行っているゲンさんにメールし(見たかどうかはわからん!多分見てないですね〜)登山口11:30発予定で出かけました

予定通り登山口を出発(11:25)できました
RIMG0207.JPG RIMG0206.JPG RIMG0208.JPG RIMG0209.JPG
駐車スペースから真っ直ぐ進み右手に見える門扉の左側から入れるのでそのまま進むと↑ここ 案内板が各所にあるので安心

RIMG0210.JPG RIMG0211.JPG RIMG0212.JPG RIMG0213.JPG RIMG0214.JPG
        中間点の標識がありその先に水場があり柄杓が置かれている 夏の暑い季節にはありがたい水場ですね

RIMG0216.JPG RIMG0217.JPG RIMG0218.JPG RIMG0220.JPG
振り返って水場を見る(ゆっくりしたい方にはいい休憩所)水場を過ぎると雨宿りできそうな岩が現れ傾斜が増す

RIMG0222.JPG RIMG0224.JPG RIMG0223.JPG RIMG0226.JPG
大滝登山口からの合流稜線に到着  稜線を左に登って行く右方向にいくと吾妻山に至る  きれいな小屋ができていた 

RIMG0227.JPG RIMG0235.JPG
  12:40山頂に到着 7〜8人の先客あり                      山頂からの赤城山 

RIMG0230.JPG RIMG0232.JPG
                男体山                             谷川岳遠望
RIMG0237.JPG RIMG0238.JPG RIMG0239.JPG
山頂から少し下がった所の分岐から椚田峠へ向かう               第一展望台より赤城山の眺め

RIMG0241.JPG RIMG0243.JPG RIMG0244.JPG
    第一展望台からの赤城山    急な下りの両側にはヤシオツツジを守るテープが巻いてある  第二展望台

RIMG0246.JPG RIMG0247.JPG
       第二展望台から見る赤城山                 今の季節気持ちのよい尾根を下る

RIMG0249.JPG RIMG0250.JPG RIMG0254.JPG
尾根を下り切ると赤い鳥居が見える「椚田峠」に着く                    椚田峠からは左手方向に下る

RIMG0258.JPG RIMG0259.JPG RIMG0260.JPG RIMG0262.JPG
日当りがよく凍った所が解けぐしゃぐしゃになっていた 下り切った小さな二俣 落ち葉の登山道や杉林の中を下って行く

RIMG0263.JPG RIMG0265.JPG RIMG0266.JPG RIMG0267.JPG
登山道から林道に出る   林道の右手は落石に注意を払って歩いた方がよい   車道に出たがここからが30分と長い
    RIMG0268.JPG RIMG0269.JPG
     14:25登山口に到着

今回はこのコースが初めてであり写真を撮ったり暑くなって1枚脱いだりとタイムロスがだいぶあったので1時間を大幅に超えてしまいました

次回の目標タイムは1時間に設定しようと思います 
今回はコンロ・EPIガス・小コッフェルなどまで持って行ったので普段の日帰り山行時の重量位になっていましたが次回は必要最低限の装備で行こうと思います
このように訓練登山として行う場合は目的を明確にし重量設定やタイム設定をするといいと思います

皆さんのお家の近くの山で訓練登山に適した山があると思いますので 1秒でもタイムを縮めていくなど目標を掲げてやってみませんか?必ず成果があると思いますし夏の縦走登山やちょっとレベルアップした山への挑戦が可能になると思いますよ!














posted by yamagen at 18:00| Comment(0) | 登山記録

2018年01月20日

日光・赤薙山

1月20日(土)
日光・赤薙山 2010.5m

RIMG0123.JPG RIMG0125.JPG RIMG0126.JPG
霧降高原キスゲ園地駐車場から長い階段が続くがすぐに雪面に上がってアイゼン装着し登るがご覧の通り雪が少ない

RIMG0128.JPG RIMG0129.JPG RIMG0131.JPG

RIMG0134.JPG RIMG0135.JPG
振り返ると大佐飛山(左のなだらかな山)と高原山(右)               前方には笹尾根の先に赤薙山

RIMG0136.JPG RIMG0140.JPG RIMG0142.JPG
    丸山の分岐                            雪の斜面の向こうには南会津の山々

RIMG0143.JPG RIMG0146.JPG
     ツツジの群生する中を進む

RIMG0149.JPG RIMG0150.JPG


RIMG0153.JPG RIMG0155.JPG RIMG0157.JPG
最後の登りは木の根や凍っている場所もあるので注意exclamation

RIMG0158.JPG RIMG0162.JPG RIMG0165.JPG
                   最後の急登で女性2名の息は上がりペースが落ちるがもう少しですよ〜
RIMG0167.JPG RIMG0169.JPG RIMG0171.JPG
                     山頂には先客が2〜3人いたが下山し始めていく      視界の利かない山頂
RIMG0177.JPG RIMG0178.JPG RIMG0180.JPG
山頂の少し先から女峰山へ続く峰がよく見える 2名パーティーは女峰山へ行き途中で引き返してきたとの単独男性あり

RIMG0182.JPG RIMG0183.JPG RIMG0185.JPG
ゆっくり山頂で昼食をとり(風がなく寒さを感じず休めた)下山
RIMG0189.JPG RIMG0196.JPG RIMG0198.JPG
登りの青空は何処へ?帰りはガスってこんな感じ 山頂部はもう見えることはなかった

RIMG0200.JPG RIMG0202.JPG

          RIMG0205.JPG

風がなく暖かな春の雪山のような日でした
下の方は笹が出ていない場所をつなげるように登る状態でとにかく雪が少ない赤薙山でした

今シーズン初めてアイゼンをはいた方もいましたがアイゼン歩行の際は歩き方に気をつけましょう!
どなたにも歩き癖があると思うのですが気をつけないと転落につながります
足の間に拳一つ分くらい空くように意識し歩きましょう

危険度が低い山で何度もアイゼン歩行を経験安全な歩き方を身につけていただきたいと思います
そしてレベルアップし雪山を楽しんでいただきたいと思います

次回は草津白根山です 転落などの危険性がほとんどない山です 
いっしょに雪山を楽しんでみませんか?皆さんのご参加お待ちしております

















posted by yamagen at 21:06| Comment(0) | 登山記録

2018年01月19日

三峰神社表参道〜妙法ヶ岳

1月18日(木)
三峰神社表参道〜妙法ヶ岳
前夜は雨 晴れ予報では春のような陽気exclamation

RIMG0090.JPG RIMG0092.JPG RIMG0093.JPG RIMG0094.JPG
積雪もなく2日位前から寒さも緩み凍っておらず歩きやすい表参道となりました
(例年通りだとこんな具合にはいきませんね)

RIMG0096.JPG RIMG0095.JPG RIMG0097.JPG

RIMG0098.JPG RIMG0100.JPG RIMG0103.JPG
雲取山への縦走路と別れ鳥居をくぐって妙法ヶ岳に向かう この上からしばらくは平らになる

RIMG0105.JPG RIMG0108.JPG RIMG0110.JPG
                                   妙法が岳(三峰神社奥の院)最後の登りは急な階段

RIMG0112.JPG RIMG0113.JPG RIMG0114.JPG
   三峰神社奥の院            穏やかな暖かい日でしたのでここで昼食にしこんな急な階段を下りました

RIMG0115.JPG RIMG0116.JPG
東屋から左方向に行くと霧藻ヶ峰から雲取山縦走路に至る   「両神山」妙法ヶ岳山頂からはその右に浅間山が見える

RIMG0117.JPG RIMG0120.JPG RIMG0122.JPG
これは「おまけ」三峰神社の下の方にある「三十槌氷柱」を見て一言「人の手も加えてあるね、雲龍瀑にはかなわないね〜」もう一言「花でもこういうものでも私たちは自然の中で見ているので感動が違うね」exclamation
みなさ〜ん 今年もどんどん自然の中を歩いて五感をはたらかせ感動していきましょう!
                        









続きを読む
posted by yamagen at 11:09| Comment(0) | 登山記録