2018年05月09日

埼玉百名山

5月5日〜6日
埼玉百名山4座
5日有馬峠〜蕎麦粒山〜天目山〜七跳山〜大平山〜七跳山〜酉谷山避難小屋(テント泊)
RIMG1008.JPG RIMG1011.JPG RIMG1013.JPG RIMG1017.JPG 
8:25スタートの有馬峠  林道を15分ほど歩き登山道へ                  ダイナミックな送電線
RIMG1020.JPG RIMG1022.JPG RIMG1023.JPG
                                      ミツバツツジやシロヤシオが登山道に咲き乱れる

RIMG1027.JPG RIMG1030.JPG RIMG1033.JPG
   日向沢ノ峰・蕎麦粒山分岐           山頂?ではなくここを右へと進むと蕎麦粒山の山頂が見え気分爽快!

RIMG1035.JPG RIMG1029.JPG RIMG1037.JPG
                                                    第1座目 蕎麦粒山(1472.9m)
RIMG1039.JPG RIMG1041.JPG RIMG1043.JPG
縦走路のほとんどがピークを巻きながら ほぼ同じ等高線上を登山道は進みとても歩きやすい   ミツバツチグリ

RIMG1045.JPG RIMG1046.JPG RIMG1047.JPG RIMG1048.JPG
       一杯水で水を汲み避難小屋でお昼にしましょう!         ここからヨコスズ尾根を下り日原へ下れる

RIMG1049.JPG RIMG1050.JPG RIMG1051.JPG
小屋の裏手の尾根を登れば天目山 まだ蕾だが咲いたら見事なミツバツツジとシロヤシオの花園と化すことでしょう!

RIMG1057.JPG RIMG1058.JPG RIMG1059.JPG
      アセビの花が迎えてくれた山頂                               第2座目天目山(1576.0m)

RIMG1063.JPG RIMG1064.JPG RIMG1066.JPG
                             天目山を下り巻道と合流しまたなだらかな登山道を進む

RIMG1127.JPG RIMG1128.JPG RIMG1067.JPG RIMG1129.JPG
方向の文字だけ読んでいたがその下に場所の名が書いてあり ここは「ハナド岩」展望台からは富士山も

RIMG1069.JPG RIMG1070.JPG RIMG1074.JPG
ハナド岩を後に先を急ごう!稜線から外れた大平山にも行かなくちゃ!         七跳山に荷を置いて大平山へ

RIMG1075.JPG RIMG1076.JPG RIMG1077.JPG
一旦下り林道が交差した広場に出るが林道入口は閉鎖されている 「大平」と書かれた看板のある所から尾根伝いに登って行く

RIMG1078.JPG RIMG1079.JPG RIMG1080.JPG
第3座目の大平山(1603.0m)

RIMG1084.JPG RIMG1085.JPG RIMG1086.JPG RIMG1087.JPG
越えてきた小ピークを林道を歩いてショートカットし七跳山へ戻る 往復約90分かかり七跳山に着きました
           
RIMG1089.JPG RIMG1091.JPG RIMG1092.JPG
皆さん疲れているので気をつけて慎重に行きましょう!
RIMG1093.JPG RIMG1095.JPG RIMG1097.JPG RIMG1096.JPG
17:15登山道の下方に避難小屋が見えてきました きれいな避難小屋で先客1名 小屋の手前の水場と小屋の内部

連休なのと小屋の収容人数が少ないので小屋を当てにせずテント泊を予定してきました 
天気もいいしテント泊が初めてなので是非ともテントで寝たいという希望もあって 小屋と稜線を挟んだ反対側斜面のテン場に4〜5人用1張・1〜2人用1張設営しました

避難小屋に1人とテン場には私たちだけの静かな晩でした 木々の間の眼下に秩父の街の灯りが見えていました

6日酉谷山避難小屋テント場〜酉谷山〜テント場〜一杯水避難小屋〜蕎麦粒山〜
      日向沢ノ峰〜有馬峠
RIMG1100.JPG RIMG1102.JPG RIMG1103.JPG RIMG1105.JPG RIMG1106.JPG
昨夜の宿はテント2張 朝食後酉谷山往復する                        第4座目の酉谷山(1718.3m)

RIMG1111.JPG RIMG1112.JPG
       酉谷山の山頂から見た富士山                     木々の間から雲取山
RIMG1116.JPG RIMG1117.JPG RIMG1118.JPG
        目的の山全て登れました         何度も酉谷山を振り返りつついくらか軽くなったザックを背負い下山

RIMG1115.JPG RIMG1123.JPG RIMG1126.JPG
テントサイトには「コミヤマカタバミ」が群生していました

RIMG1119.JPG RIMG1133.JPG
昨日は山頂を踏んだ「七跳山」だが今日は巻いていく

RIMG1134.JPG RIMG1136.JPG RIMG1137.JPG RIMG1139.JPG
天目山(三ツドッケ)も山頂は通らず避難小屋へ            ミツバツツジがきれい!

RIMG1142.JPG RIMG1145.JPG RIMG1146.JPG RIMG1143.JPG
一杯水の水場でありがたい給水  棒杭尾根を下ると倉沢へ 「ヒゲネワチガイソウ」の可愛い花がいっぱい咲いていた

RIMG1149.JPG RIMG1153.JPG RIMG1155.JPG RIMG1156.JPG
                            蕎麦粒山まで戻ってきた
RIMG1159.JPG RIMG1164.JPG RIMG1167.JPG
防火帯の登山道は見晴らしもよく気持ちがよい 咲き具合がそれぞれ違う3本のミツバツツジ    スミレがカワイイ!


RIMG1169.JPG RIMG1172.JPG RIMG1174.JPG RIMG1177.JPG
                                         荷を置いて日向沢ノ峰へ

RIMG1179.JPG RIMG1183.JPG RIMG1182.JPG
                                     こっちから入って反対側には窓が? 

RIMG1187.JPG RIMG1188.JPG RIMG1190.JPG RIMG1191.JPG RIMG1193.JPG
日向沢ノ峰をそのまま進むと川苔山・ここを右に行くと棒ノ折山    あとは有馬峠に下るだけ    林道に出ました

日にちを変更したので天気に恵まれた山行ができました
埼玉百名山の本は出版されて無いようですがネットで調べると載っています

Ⅿさんはこの山行で埼玉百名山完登となりました おめでとうございます

ほとんど平坦で足元もよく大変な所はありませんが 急斜面に登山道がつけられた場所は気を抜かないで通過したいものですね
ず〜っと同じような所を歩くので面白みに欠けるといえるかもしれませんが 雲取山方面に縦走したりいくつもの登山口があるので登りたい山を日帰りで行くのもいいかもしれません

ワチガイソウなどの小さな可愛い花がたくさん咲いています ちょっと早かったけど
ミツバツツジシロヤシオがいっぱいの山です









































続きを読む
posted by yamagen at 15:42| Comment(0) | 日記

2018年05月01日

景鶴山


4月27日(金)〜29日(日)
ぐんま百名山
景鶴山 2004m

27日鳩待峠〜アヤメ平〜竜宮小屋〜見晴(桧枝岐小屋泊)
IMG_2091.JPG IMG_8482.JPG IMG_2094.JPG
   今年の鳩待峠と至仏山          1年前の鳩待峠(山ノ鼻へ下る側から)   赤布と地形図を頼りに進む

IMG_2097.JPG IMG_2098.JPG
    樹林帯を抜け気持ちのよい雪原を行く              左手に目的の山「景鶴山」を見ながら進む

IMG_2107.JPG IMG_2112.JPG
        至仏山をバックに                        雪の山並みを眺め撮影タイム

IMG_2113.JPG IMG_2121.JPG

IMG_2128.JPG IMG_2130.JPG IMG_2129.JPG
    日光白根山(左)と錫ヶ岳(右)        

IMG_2135.JPG IMG_2139.JPG
                                                   アヤメ平と燧ケ岳
IMG_2145.JPG IMG_2147.JPG IMG_2149.JPG

IMG_2152.JPG IMG_2154.JPG IMG_2155.JPG
下方に尾瀬ヶ原が見えてきた
IMG_2158.JPG IMG_2160.JPG IMG_2163.JPG IMG_2164.JPG
時間に余裕があるので途中の安全な斜面でアイゼンワーク
IMG_2166.JPG IMG_2167.JPG IMG_2169.JPG
尾瀬ヶ原はこんなにも雪解けが進みミズバショウも咲き始めていました

IMG_2170.JPG IMG_2175.JPG
                                            竜宮小屋を過ぎて見晴へ

IMG_2177.JPG IMG_2178.JPG
見晴に着く頃は明日登る景鶴山に青空が広がってきた        今日明日の宿となる見晴・桧枝岐小屋に到着

28日景鶴山往復
IMG_2183.JPG IMG_2184.JPG IMG_2186.JPG
ちょっと雲がかかった至仏山に見送られ出発         景鶴山にも雲がかかる           尾瀬橋を渡る

IMG_2192.JPG IMG_2194.JPG IMG_2198.JPG
雪解けが早いので沢の真ん中は避け笹山鞍部へ上がる 笹山鞍部から上は藪漕ぎとなってしまったがやっと雪上を歩ける

IMG_2200.JPG IMG_2202.JPG
      燧ケ岳と見晴を振り返り見る                         与作岳への登り

IMG_2207.JPG IMG_2208.JPG IMG_2210.JPG
    与作岳から燧ケ岳と会津駒ヶ岳             与作岳山頂     ここからは景鶴山を正面に見て進む

     IMG_2214.JPG IMG_2215.JPG

IMG_2219.JPG IMG_2222.JPG IMG_2223.JPG
    山頂直下まであと少し          ハーネスを付けザックを置いて山頂へ

IMG_2227.JPG IMG_2228.JPG IMG_2229.JPG
燧ケ岳・尾瀬ヶ原をバックにゲンさんがロープを張る間安全地帯で待つ ロープを張った所を右から回りこみ登る

IMG_2230.JPG IMG_2231.JPG IMG_2237.JPG

IMG_2235.JPG IMG_2241.JPG

IMG_2245.JPG IMG_2254.JPG IMG_2258.JPG

IMG_2264.JPG IMG_2266.JPG
       左手には平ヶ岳がきれいに見える                   前日のコースを右手に見て           

IMG_2269.JPG IMG_2279.JPG IMG_2278.JPG

IMG_2281.JPG IMG_2283.JPG IMG_2284.JPG

IMG_2286.JPG IMG_2288.JPG IMG_2290.JPG
笹山鞍部へコースをとらず藪を避けて下山する

IMG_2292.JPG IMG_2297.JPG IMG_2299.JPG
弱点を見つけながら渡れるところを見出す          尾瀬橋を渡る           与作岳方面と只見川

IMG_2301.JPG IMG_2303.JPG IMG_2305.JPG

29日見晴・桧枝岐小屋〜白砂乗越〜沼尻休憩所〜三平下〜三平峠〜一ノ瀬休憩所
      〜大清水
IMG_2307.JPG IMG_2308.JPG
見送りに出て下さった宿のオーナー「ひげくまさん」と記念撮影したあと 朝日が当たる至仏山や昨日登った景鶴山に別れを告げ尾瀬沼へ向かう

IMG_2311.JPG IMG_2313.JPG IMG_2314.JPG
こんなに笹が出ているので雪の上を縫って進む

IMG_2315.JPG IMG_2317.JPG IMG_2319.JPG
                     白砂乗越を過ぎると目の前に雪の原が広がる そこは白砂田代の湿原 

IMG_2321.JPG IMG_2322.JPG IMG_2324.JPG
 滔々と流れる沼尻川に沿ってルートは延びる    尾瀬沼に着きました「ワァー着いたぞー!」

IMG_2325.JPG IMG_2326.JPG IMG_2327.JPG
一面氷に覆われた尾瀬沼を眺め「沼尻休憩所」で昼食

IMG_2329.JPG IMG_2328.JPG
         燧ケ岳と尾瀬沼                      解け始まった所は美しい「青色」

沼の縁を歩いたり氷が解けていたり氷面から急斜面で通過が無理なため上にルートをとったりしながら三平下へ

IMG_2331.JPG IMG_2332.JPG IMG_2333.JPG
  三平下から眺める燧ケ岳は雄大で美しい               

IMG_2337.JPG IMG_2336.JPG IMG_2335.JPG
一ノ瀬から林道を下り途中から登山道を歩いてみる     青と白のキクザキイチゲ

IMG_2341.JPG IMG_2339.JPG IMG_2342.JPG 
  「ひげくまさん」お勧めのミズバショウの森          

体力的に無理がありそうな方は往路・復路とも尾瀬ヶ原経由予定でしたが 原の残雪状況が悪いため往路はアヤメ平経由・復路は尾瀬沼経由の予定通りのコース取りとなりました

アイゼンを着けての長距離の歩行に慣れない方は かなりの疲労があった事でしょうが 3日間天候にも恵まれ充実した山行になったことでしょう 
毎年入れているためもあり3日間の日程であったりで申し込みが少なかったので 3日間だからこそ行けそうな方をお誘いした結果参加者が増え皆さんに喜んでいただけました ご参加くださいました皆さんありがとうございました 























posted by yamagen at 21:45| Comment(0) | 登山記録

2018年04月24日

小鹿野アルプス

4月22日(日)
小鹿野アルプス(般若山〜釜ノ沢五峰)
RIMG0855.JPG RIMG0857.JPG RIMG0858.JPG
     法性寺にお参りをしてから歩き始める

RIMG0861.JPG RIMG0862.JPG
般若山は一つのピークを指すのではなく岩舟観音〜奥ノ院一帯の総称

RIMG0866.JPG RIMG0868.JPG

RIMG0873.JPG RIMG0874.JPG
                                       岩場を無事通過し第一鉄塔で休憩

RIMG0876.JPG RIMG0877.JPG RIMG0880.JPG
フジの花が見ごろだった    長若山荘(ながわかさんそう)へ一旦下り釜ノ沢五峰へ       最初の峰・一の峰

RIMG0882.JPG RIMG0884.JPG RIMG0886.JPG

RIMG0887.JPG RIMG0888.JPG RIMG0889.JPG
                       五峰を過ぎ緩やかに登り稜線へ    般若山からの縦走路と合流する
                   
RIMG0890.JPG RIMG0892.JPG
         霞む「両神山」                           武甲山もぼんやりと

RIMG0893.JPG RIMG0894.JPG RIMG0895.JPG
   所々伐採された場所があり見晴らしがいい      しっかりした道標(真っ直ぐに道はあるがここは左折して下る)

RIMG0901.JPG RIMG0904.JPG RIMG0905.JPG RIMG0906.JPG
                チゴユリがカワイイ揺れるハート
RIMG0907.JPG RIMG0908.JPG RIMG0911.JPG RIMG0913.JPG

RIMG0915.JPG RIMG0916.JPG RIMG0918.JPG
トラバースだがロープがあるので大丈夫! 小さな岩でなくこの辺一帯の岩全体のが兎岩かな?

RIMG0920.JPG RIMG0922.JPG RIMG0923.JPG RIMG0924.JPG
柵が付けられている岩場を通過 振り返って見た岩場         兎岩登山口に着きました

好天続きだったので心配なく行けました
念のためヘルメットを持ったのですが使用しませんでした 
使用した方がベストかと思います 危険が発生した時のためのヘルメットですから・・・
前日に雨だったりすると岩場が多いので 経験を積んでない方には大変かと思います








posted by yamagen at 10:53| Comment(0) | 登山記録