2015年10月29日

小金沢連嶺


10月28日(水)
石丸峠〜小金沢山(2014.3m)〜奥牛ノ雁ヶ腹摺山(1995m)〜黒岳(1987.6m)〜湯ノ沢峠
というコース(小金沢連嶺)で行って来ました
石丸峠より北に続く稜線は大菩薩峠を経て大菩薩嶺へと延びています

IMG_1177.JPG
こんなきれいな富士山に迎えられ今日の山行は始まった!
IMG_1171.JPG IMG_1176.JPG IMG_1189.JPG IMG_1183.JPG
バス停の反対側が登山口 我々が登り始めた後バスが着き登山者2人が降り登って行った  下から見た小金沢連嶺 

RIMG2419.JPG RIMG2422.JPG RIMG2424.JPG
       石丸峠までの中間地点辺りは急登              石丸峠よりこれから行く方向を眺める

RIMG2426.JPG  RIMG2430.JPG
   上日川ダム・大菩薩湖を見下ろす          大菩薩の名にふさわしい笹原の開けた景色が続く
      
RIMG2442.JPG RIMG2436.JPG RIMG2437.JPG
     小金沢山から見た富士山

RIMG2445.JPG  RIMG2443.JPG 
      牛奥ノ雁ヶ腹摺山から富士山が美しい

RIMG2457.JPG IMG_1218.JPG IMG_1214.JPG IMG_1202.JPG
  湯ノ沢峠        峠からトイレ・避難小屋のある所に下りてきた       湯ノ沢峠から歩けばこの登山口に出る

IMG_1206.JPG
       林道途中から大菩薩嶺下に大菩薩湖
IMG_1207.JPG IMG_1210.JPG
               遮るものがなく小金沢連嶺が見渡せる

上に出れば前方にずっと富士山を眺めながら展望の効く笹原の気持ちのよい稜線歩きです

大菩薩嶺とつなげて歩くのもいいでしょうね 紅葉から落葉のこの時期気持ちよく楽しい山歩きになると思います
ぜひ行ってみて下さい





posted by yamagen at 11:59| Comment(0) | 登山記録

2015年10月26日

御正体山

10月24日(土)
日本二百名山山梨百名山の山「御正体山」(みしょうたいやま)ー1681mーに登ってきました。
天気予報通りの穏やかで暑いくらいの1日でした。

IMG_1152.JPG IMG_1154.JPG IMG_1156.JPG IMG_1159.JPG
登山口はトンネル入口の横を登って行く                               トンネル出口側の登山口

RIMG2393.JPG RIMG2394.JPG RIMG2396.JPG
             下の方は紅葉が丁度いいが上の方は落葉している

RIMG2403.JPG RIMG2404.JPG RIMG2407.JPG RIMG2408.JPG
リンドウもやっと咲いている 薊のような花が咲く「オヤマボクチ」の穂  御正体山山頂は展望が効かないが広くベンチと
                                                             テーブルがある                                                    ※余談ですが皇太子殿下が以前登られたそうです

RIMG2411.JPG IMG_1167.JPG
富士山を眺めるのにいい山ですが今日は天気が良すぎて?はっきり見えません    道志村側から見た御正体山 

北海道はもう平地でも雪になる季節そして山々は次々と初冠雪の便りが届きやがて深い雪に閉ざされてしまいますね。
これからの季節雪のない山を見つけ少しでも多くの山行をしていきましょう!

そして雪の季節になると、スノーシューハイキングもありますので雪原を歩いてみませんか?
高低差の少ない所なら経験のない方も十分楽しめますよ!真っ白な世界と天気に恵まれれば真っ青な空もプラスされ素晴らしい景色に出合えます。

posted by yamagen at 20:55| Comment(0) | 登山記録

2015年10月23日

八海山

10月20日(火)〜21日(水)
八海山を入道岳まで案内してきました。
 八海山神社里宮からの大倉口コースから登り千本檜小屋の避難小屋に泊った翌日、八ッ峰〜大日岳〜入道岳と登り帰路は同じ所を通り八ツ峰だけは迂回し千本檜に戻りました。
 予定の下山は大崎口になっていましたが、参加者の皆さんの希望でロープウェイを利用しての下山になりました。

IMG_0990.JPG  RIMG2292.JPG  RIMG2295.JPG
里宮までは道が狭く大きな駐車場があるのでそこから歩きます 八海山神社里宮(しっかり安全登山祈願しましたか?)

RIMG2303.JPG  RIMG2308.JPG  RIMG2311.JPG
    急登あります          急登から解放されホッとして休憩      女人堂(6合目)が見えてきた

IMG_1028.JPG  RIMG2315.JPG  RIMG2316.JPG
 女人堂(21日撮影)         「また急だねぇ〜」「しょうがないね!今日は千本檜までだからガンバロウ!」
                                 「ゲンさんがおいしい夕食だって言ってたし楽しみだね」

RIMG2325.JPG  IMG_1047.JPG
薬師岳から見る「千本檜小屋」ガスってきました               翌21日地蔵岳から見た「千本檜小屋」

1日目は行動時間6時間ほどで2時過ぎには千本檜小屋に着きました
営業小屋には何人いたか定かではありませんが 我々が泊まった避難小屋は他に単独行が1名の計6名でした
いつものように「宴会・ちょこっと昼寝・そして時間をみて夕食」単独の方におすそ分けをし喜んでいただけました

翌日は予報通りのいい天気!気を引き締め八海山にアタック

地蔵岳~不動岳~八ッ峰~大日岳~入道岳へ挑戦
RIMG2328.JPG RIMG2327.JPG

RIMG2334.JPG RIMG2338.JPG

RIMG2340.JPG RIMG2344.JPG RIMG2347.JPG

RIMG2348.JPG RIMG2352.JPG

RIMG2358.JPG RIMG2360.JPG RIMG2366.JPG

RIMG2372.JPG RIMG2373.JPG RIMG2378.JPG
目的地の入道岳

岩登り経験者ではない方たちにとっては特に緊張の連続する登りや下降です
参加者の方たちはロープを使っての下降は初めての経験だったようです
カラビナの使い方・自己確保の仕方など身につけると ちょっとした岩場の通過がスムーズになり楽しくもなるし自信にもなると思います

RIMG2382.JPG RIMG2384.JPG RIMG2386.JPG
こんな所を通って千本檜小屋に帰るとE.Abe(私)と合流     地蔵岳のてっぺんで手を上げる私(千本檜から撮影)

IMG_1048.JPG IMG_1056.JPG    
       地蔵岳から見る不動岳                    越後駒ヶ岳(左)と中の岳(右) 

IMG_1061.JPG IMG_1063.JPG 
地蔵岳からの鎖場の下降を見上げて            ナナカマドの向こうに越後駒ヶ岳
IMG_1075.JPG  IMG_1077.JPG IMG_1082.JPG 
ロープウェイの駅目指して下る                           胎内くぐりを下から覗く

IMG_1091.JPG IMG_1094.JPG IMG_1102.JPG 
                   穏やかな秋の一日を紅葉に囲まれて歩く

IMG_1116.JPG IMG_1126.JPG IMG_1139.JPG            
展望台から八海山を望む                  ロープウェイの中から下の紅葉と八海山

岩場も問題なく通過でき怪我もなく山行を終えることができました。参加してくださった皆さんお疲れさまでした。
posted by yamagen at 20:17| Comment(0) | 登山記録