2016年01月26日

やっと雪が解けました

寒い日が続きましたが今日は風もなく暖かな日で、日当たりの悪い我が家の周りの雪もやっと解け、リハビリにと散歩に出てみました。15日に退院し10日経ちましたが、なかなか歩行距離は延びません。当たり前に歩いていた事ですが2足歩行はすごいことなんだと身をもって感じています。

IMG_1635.JPG IMG_1637.JPG
雪をかぶった赤城山がきれいに見えました      祠の中には「県?の指定文化財」になっている三層塔婆があります

IMG_1636.JPG IMG_1640.JPG
   雪の赤城の峰々を登るはずだったのに・・・         この「しだれ桜」が咲く頃はいくらか歩けるかなあ〜

多重塔までの予定で散歩に出たのですが どうにか耐えられるので畑まで来てみました(先週雪が降る前散歩に出て歩けると思っていた距離が全く歩けず家に帰る復路が足の痛みで大変でした)

雪がだいぶ解け畑の野菜も見えるようになりました
IMG_1641.JPG 

IMG_1643.JPG IMG_1644.JPG
ゲンさんに紙をまいて縛っておいてと頼んだのに・・可愛そうな白菜     やっと雪の中から出てきたタマネギ

posted by yamagen at 22:35| Comment(0) | 日記

2016年01月25日

天狗岳(北八ヶ岳)

 シラビソの森から凍てつく岩稜への北八・天狗岳(2645.8m)  )            
2016・1.23(土)〜24(日)

全国的に荒れた天気が予想されていましたが両日ともに「くもり」でした。
ただ、稜線上は風が強く予定通りの行動はできず西天狗は取りやめ東天狗までの往復となりました。

RIMG3039.JPG
   渋ノ湯の登山口から又この場所へ戻るコースで出発

RIMG3016.JPG RIMG3017.JPG
東天狗山頂(天狗岳は双耳峰で2645.8mの西とほぼ同じ標高です)  ガスっていて視界の利かない西天狗の方を見る

RIMG3019.JPG RIMG3021.JPG
             山頂への急登以外はシラビソなどの樹林の中を歩く

1日目に山頂を往復して2日目は「黒百合ヒュッテ」から下山するだけとなる
ヒュッテはこんな天気にも係わらず登山者がいっぱいでした(年配の女性も多くいました)
RIMG3024.JPG RIMG3038.JPG
  ヒュッテのそばにはテントも張られていました          無事下山!

 今回初めて茨城県から参加してくださいましたSさんは残念ながら「中山峠」までとなりました。今度は完登できるよう頑張っていきましょう。雪山は雪の状態で夏道より歩きやすい場合もありますが、特に1〜2月のこの時期は雪が多ければラッセルが当たり前!体力勝負です。
 体力・持久力をつけて雪山も楽しみましょう!


posted by yamagen at 11:20| Comment(0) | 登山記録

2016年01月19日

根子岳

 青い空と輝く樹氷 思いっきり雪と遊びましょう     
根 子 岳 (スノーシュー入門) 1月16日(土)
       2207m

RIMG2987.JPG RIMG2989.JPG RIMG0293.JPG
  青空と真っ白な雪が目にまぶしい奥ダボススキー場のゲレンデを行く           昨年1/18のスキー場の様子
RIMG2991.JPG RIMG2993.JPG RIMG0309.JPG
       いいか悪いか?雪が少ないスキー場の縁をスノーシューで歩く          昨年のこのあたりの景色です

頂上までわずかというこの辺まで「スノーキャット」と呼ばれる雪上車がスキーヤーやスノーボーダー達を運んでくれていますが、雪が少なく運行されていませんでしたのでとても静かな山行となりました。残念なことは雪が多ければ右下のような「スノーモンスター」が見られるはずなのですが・・・
RIMG2996.JPG RIMG0340.JPG

RIMG2997.JPG RIMG0332.JPG
山頂まであとわずか 笹が出ています      昨年の景色(スノーモンスターの向こうに北アルプスの山々が連なる) 
     
RIMG3000.JPG RIMG0331.JPG
         山頂の祠が見えてきました                           昨年の山頂

自然は(山登り)毎年同じようにはいきませんね まして雪山はなおのこと 
だから面白い!だから美しい!だから感動!だからまた行きたい!だから危険!・・・
といろんな「だから」が人それぞれに付くことでしょう
 それぞれの季節 それぞれの山 それぞれの登り方で 楽しみましょう!



posted by yamagen at 14:16| Comment(0) | 登山記録