2016年04月26日

霧訪山

4月24日(日)
翁草咲く里山 霧訪山 (1305.4m)
RIMG3879.JPG RIMG3882.JPG RIMG3884.JPG
  山の神自然園スタート            大きな岩にしめ縄が           林道から登山路に入って休憩        
RIMG3892.JPG RIMG3888.JPG
山頂に咲く翁草は見ごろを迎えていましたが 移植された物のようです(盗掘でもされて絶滅の危機なのでしょうか?)
RIMG3890.JPG RIMG3898.JPG RIMG3902.JPG
1時間50分で霧訪山山頂            大芝山に向かう              カタクリがまだ咲いていました   
RIMG3899.JPG RIMG3901.JPG RIMG3904.JPG
     大芝山                                              ヒトリシズカ
RIMG3907.JPG RIMG3913.JPG

里山の春はどこに行ってもヤマブキやスミレが咲き乱れ 私たちの目を楽しませてくれます
RIMG3917.JPG RIMG3919.JPG RIMG3920.JPG RIMG3922.JPG

日曜日とあって登山者がとても多く「ビックリポン」でした
名古屋の方からマイクロバスで来ていた団体もあり 人気の山であることを実感しました

posted by yamagen at 13:48| Comment(0) | 登山記録

2016年04月20日

坪山

4月20日(水)
ヒカゲツツジ イワウチワ ミツバツツジ
大群落を見に行きます 
坪山ハイキング
1102.7m


IMG_2556.JPG IMG_2662.JPG IMG_2559.JPG IMG_2560.JPG
サクラは散ったがハナモモが満開の集落からスタート     ニリンソウやスミレが咲き乱れる
IMG_2658.JPG IMG_2660.JPG IMG_2654.JPG
  対岸の集落には鯉のぼりが上がりのどかな風景       ヤマブキの花          アケビの花
IMG_2562.JPG IMG_2650.JPG IMG_2651.JPG
    花の多いコース「坪山西尾根」を行く                               モミジイチゴの花
IMG_2564.JPG IMG_2570.JPG
  すぐに杉林の中となり橋を渡ってまだ杉林が続く           一旦こんな広々とした場所に出る

<杉林の中に咲く花たち>
IMG_2649.JPG IMG_2648.JPG IMG_2641.JPG IMG_2644.JPG

IMG_2573.JPG IMG_2574.JPG IMG_2581.JPG IMG_2583.JPG
檜の林を過ぎ尾根の登りとなる  急登を登った平坦地で休憩     岩場が続く
IMG_2586.JPG IMG_2599.JPG IMG_2590.JPG
花の時期が過ぎてしまい数輪見られたイワウチワ          ヒカゲツツジ
IMG_2592.JPG IMG_2601.JPG IMG_2596.JPG
   ヒカゲツツジの咲く岩の尾根を登って行く         下の集落と道路が小さく見える・だいぶ登ったのが分かる
IMG_2604.JPG IMG_2606.JPG IMG_2610.JPG
わぁ〜きれい!と上を見て 「もうひと踏ん張り」   山頂はもうすぐ と言ってる間に山頂到着(歩行ちょうど2時間)
IMG_2626.JPG IMG_2627.JPG IMG_2612.JPG
   ヒカゲツツジ咲く山頂から雲取山方面
IMG_2617.JPG IMG_2619.JPG IMG_2620.JPG IMG_2637.JPG
平日にも関わらず人がいっぱいの山頂を後に「びりゅう館」へ向けて下り始める 西尾根より芽吹きの「びりゅう館」コース
              IMG_2665.JPG

「坪山」から「坪庭」を連想してしまいこの山をなめていたようです(反省むかっ(怒り)
急登ですがずっとやせ尾根が続き岩場が多く登りがいのある山です
イワウチワは残念ながら時期が遅かったようでしたが ヒカゲツツジは清楚な色で尾根の両側を彩っていました
平日の山頂をいっぱいにするほどたくさんの登山者が来ているのもうなずけます
イワカガミも群落となっています まだ花は咲いていませんがこの花を目当てにまた山頂を賑わすことでしょう

posted by yamagen at 21:14| Comment(0) | 登山記録

2016年04月17日

足尾・中倉山 沢入山

4月16日(土)
足尾の中倉山(1539m)沢入山(1704m)
2万5千の地形図に登山路はついていません 
銅親水公園から仁田元沢左岸に渡り 仁田元沢沿いの林道を40分ほど行った所が登山口です
地形図に中倉山は表示されていますが沢入山の表示はありませんが中倉から次の1704m表示のピークが山頂です


RIMG3781.JPG RIMG3786.JPG RIMG3788.JPG 
  桜満開の銅親水公園         水道管の通っている橋を渡って対岸に          芽吹き前の林道を行く
RIMG3789.JPG RIMG3790.JPG RIMG3793.JPG RIMG3795.JPG RIMG3798.JPG
       登山口到着              分かりやすい登山口 ジグザグの急登を登る落石を起こさぬように注意!     
RIMG3804.JPG RIMG3801.JPG RIMG3802.JPG RIMG3803.JPG
 落ち葉が吹き溜まっていて歩きにくい     種からモミジの芽・小さなスミレも   こんな山の斜面にスイセン・何で?
RIMG3807.JPG RIMG3809.JPG
      大分登ってきたね                  仁田元沢の対岸の山々を見て稼いだ標高を感じる
RIMG3811.JPG RIMG3813.JPG RIMG3814.JPG
 ジグザグの急登はもう少しで終わる     中倉山東端から南に延びる尾根上に出る 着いたよ〜ここで一休み
RIMG3815.JPG RIMG3816.JPG
                 木々の間から目的地の沢入山や中倉山が見える
RIMG3818.JPG RIMG3819.JPG RIMG3820.JPG
 南に延びる尾根の急登を登り切るとぐっと中倉山が近づく  少し下って平坦地を行き尾根を右(東)から巻くように登る
RIMG3826.JPG RIMG3830.JPG
「ワァー!」と歓声 それもそのはず 眼下に広がるのは松木沢(左)や久藏沢・赤倉山 右下には先ほど歩いた林道も
RIMG3827.JPGRIMG3828.JPGRIMG3829.JPG
      松木沢対岸の山々                   ↑社山と男体山        ↑半月山
RIMG3832.JPG RIMG3833.JPG RIMG3839.JPG
           この岩場を登って右方向に気持ちのよい稜線を行けば目的地が待っている
RIMG3843.JPG RIMG3847.JPG
    「着いたよ〜」「お疲れさ〜ん」                     中倉山は360度の大展望
RIMG3855.JPG RIMG3856.JPG RIMG3859.JPG
さあ行きましょう 沢入山まであと1時間くらい    大展望を満喫しながら稜線を行く 沢入山山頂(村上さん作の標識)
RIMG3857.JPG RIMG3865.JPG RIMG3862.JPG 
         残雪の日光白根山               沢入山山頂でゆっくり昼食
RIMG3871.JPG RIMG3872.JPG
帰りは岩場もあるし急な下りもあるので慎重に行きましょう
RIMG3875.JPG
バックの山がなければまるで北海道・美瑛の丘の「〜の木」ような感じですね

 足尾の鉱毒にも負けずに残った1本のブナ
バックの山が映っていない写真を見かけるかもしれませんが登山路から外れないようにして撮っていますのでご容赦ください 個人の満足のために自然を壊さぬよう心がけたいですね 山に人間が入いる行為だけで何らかの自然破壊なのですから最低限マナーは守りたいものです

余談ですが下山時「ラジコン飛行機」を担ぎ上げている人に会いました 
どこで飛ばしたのか飛ばさなかったのか分かりませんが 皆さんどう思われますか?

いい山だと感じましたのでこの山を大事にできる人に登っていただきたいです



posted by yamagen at 12:55| Comment(0) | 登山記録