2016年06月28日

越後駒ヶ岳

6月25日(土)〜26日(日)
日本百名山・花の百名山
越後駒ヶ岳(2002.7m)
RIMG5003.JPG RIMG5007.JPG RIMG5011.JPG
枝折峠を8:15 40分ほどで発明神峠に着く   駒ノ湯への分岐となる小倉山(1378m)

RIMG5008.JPG RIMG5013.JPG RIMG5018.JPG
小雨の中カッパを着ての出発だったが雨も上がり 12:45カッパを脱いで歩けるようになる 13:45駒ノ小屋着

越後駒ヶ岳の花
RIMG5005.JPG RIMG5036.JPG RIMG5012.JPG

RIMG5014.JPG RIMG5016.JPG RIMG5019.JPG

RIMG5021.JPG RIMG5022.JPG RIMG5023.JPG

RIMG5024.JPG RIMG5025.JPG


2日目はもう少し天気が回復するだろうと思って決行したが・・・山頂からの景色は望めず
RIMG5027.JPG RIMG5030.JPG

       RIMG5031.JPG  RIMG5034.JPG  RIMG5032.JPG 
      駒ノ小屋から15分くらいで山頂   駒ヶ岳6:55着

RIMG5035.JPG RIMG5039.JPG
   荷物をまとめ7:30駒ノ小屋を後にする                10:25小倉山

          RIMG5040.JPG
             この辺(小倉山)から晴れてきたがとうとう最後まで山頂は見えなかった

RIMG5042.JPG RIMG5043.JPG
           明神峠                              枝折峠12:05着

1日目雨の中の出発でしたが2日目の予報で晴れそうなので2日目に期待し決行した山行でした
参加してくださったみなさんお疲れさまでした

26日(日)ー6月最終日曜ーは越後駒ヶ岳の山開きの日となっており 混雑が予想されましたが
小屋に泊まったのは私たち6名だけでした
25日は天気が悪いせいか日帰り登山者数人だけ 26日は下山中次々に登山者が登ってきました

小屋は新しくきれいでバイオトイレでした 
シーズン中は地元の人が2〜3日づつ8人で交代し管理人を務めてくださっています 
頂上直下 稜線に出る急斜面に雪が残っており管理人さんが前日ステップを切ってくれていました 夜雨が降ったため我々が登る前の早朝またステップを切り直しに行ってくださいました 本当にありがたいことです

小屋情報として
夏山シーズン中不定期に管理人さんがいる
使用料として2000円
毛布を貸してくれます(私たちのパーティーは皆シュラフを持参し必要な人だけお借りしました)
事前申し込みの必要なし

posted by yamagen at 17:20| Comment(0) | 登山記録

甘利山・千頭星山

6月22日(水)
山梨百名山
甘利山(1731m)千頭星山(2139m)
RIMG4987.JPG RIMG4989.JPG RIMG4990.JPG

RIMG4992.JPG RIMG4993.JPG 

RIMG5002.JPG RIMG4995.JPG RIMG4996.JPG

梅雨の合間の晴れといいたいところでしたがガスっていて富士山は見えないしお目当ての「レンゲツツジ」は花の盛りをとっくに過ぎてしまいちょっとがっかりの山でした 花のいい時期に充てるのは難しいですね 梅雨時期に雨に降られず行ってこられただけで良しとしてください ご参加くださった皆さん ありがとうございました



posted by yamagen at 15:20| Comment(0) | 登山記録

礼文・利尻(4 礼文・利尻(4)

花の浮島 礼文島
蒼い海と美しい山 利尻島

礼文・利尻の山旅
大事にしたいこと
IMG_3226.JPG IMG_3198.JPG
      この看板は甘露泉水の所にありました       鴛泊コースには3か所携帯トイレブースが設置されています

IMG_2873.JPG IMG_2834.JPG
礼文島の案内図(トイレのある場所が表示されている)

利尻ルールに書かれていることは利尻に限った事ではなく どこの山にも言えることだはないでしょうか
トイレに関してはまだまだ日本では意識環境整備も進んでいないようです 利尻のような厳しい自然環境の中にありながら立派なブースが建てられているのには驚きました いっぺんには整備できないでしょうがせめて入山者の多い日本百名山からでもトイレブースが設置されることを願います それには入山料など利用者負担が発生して当たり前だと思うのですが・・・さて皆さんどう思われますか?
この豊かな自然は今生きている私たちだけのものではないはず 子どもたちが自然の中でいろんな体験をし その素晴らしさと大切さを感じ守っていってほしいと願っています


礼文島の宿
IMG_2760.JPG IMG_2772.JPG
6/16 大きな荷物を持って民宿「香栄丸」に到着 2泊お世話になりました

IMG_2761.JPG IMG_2768.JPG IMG_2767.JPG
6/16の夕食 もともと漁師さん 自分のところで釣ってきた新鮮な海の幸が自慢 
毛ガニの食べ方を教えてくれる若主人はマスオさん

IMG_2769.JPG IMG_2770.JPG

IMG_2771.JPG IMG_2981.JPG
          6/17朝食                      6/17夕食

利尻の宿
IMG_3081.JPG IMG_3246.JPG IMG_3247.JPG
ぺシ岬の灯台に灯がともるのが見える   旅館 雪国          宿の裏手には冷たくおいしい「長寿の泉水」

IMG_3071.JPG IMG_3239.JPG IMG_3245.JPG
      6/18夕食                    6/19夕食                 6/20朝食             

IMG_3256.JPG IMG_3257.JPG
鴛泊港から見る利尻山と旅館「雪国」

雪国は鴛泊港の対岸に位置し目の前に道路が走っているものの すぐ目の前が海ですぐ近くには他の施設等がなく とても静かでいい所でした 裏手の山からは冷たくおいしい「長寿の泉水」が出ており これを飲んだ我々はずっ〜と山登りが続けられるのではないでしょうか?

予定が変更で来たおかげで最大の目的「利尻山登頂」をひとりも脱落することなく達成でき良い山旅となりました
ご参加くださいました皆さん また新たな目標に向かい山を楽しんでください



posted by yamagen at 15:02| Comment(0) | 登山記録