2016年09月27日

谷川岳 馬蹄形縦走

9月21日(水)〜22日(木)
9月はすっきりと晴れる日がなく 今回も予定通りの山行ができませんでした
馬蹄形縦走の目的は果たせず残念でした
一日目は予定通り蓬峠まで行き 蓬ヒュッテ泊となりました
二日目は風が強く縦走を中止し 旧道コースで土合に戻りました

1日目天神平〜天神尾根〜谷川岳〜一ノ倉岳〜茂倉岳〜武能岳〜蓬峠〜蓬ヒュッテ(泊)
RIMG5300.JPG RIMG5304.JPG RIMG5305.JPG
    天神尾根を登る                                         谷川岳肩の小屋

RIMG5306.JPG RIMG5308.JPG
      谷川岳トマノ耳                 だいぶ秋めいた縦走路をオキノ耳へ向かう

   RIMG5309.JPG RIMG5310.JPG RIMG5311.JPG
   谷川岳オキノ耳

RIMG5312.JPG RIMG5316.JPG
                                          途中でカッパを脱いで歩ける
            RIMG5318.JPG RIMG5319.JPG
               武能岳(1759.6m)
               17:20頃蓬ヒュッテに着く

2日目強風のため馬蹄形縦走は断念し旧道から土合へ戻る
      蓬ヒュッテ〜白樺避難小屋〜旧道〜一ノ倉沢出合〜谷川岳ロープウェイ駅
RIMG5323.JPG RIMG5322.JPG RIMG5324.JPG 
                蓬ヒュッテを後にして

RIMG5326.JPG RIMG5329.JPG

RIMG5332.JPG RIMG5334.JPG RIMG5336.JPG
                        一ノ倉沢出合からは電気自動車に乗って    男性3名と女性1名は歩いて

悪天候とはいえ目的を達成できず残念です
ご参加くださいました皆さんまた来年挑戦してみますか?
今回と同じ計画ですと二日目の行程が長くハードになります
谷川連峰には営業小屋が蓬ヒュッテと西に平標山ノ家があるだけです
馬蹄形縦走には清水峠に営業小屋があると楽なのですが・・・とは言っても
ないものねだりになってしまいますのでトレーニングを積んでリベンジしてください

私は持病を発症する前 馬蹄形を一日で走破を狙っていました 
それもかなわぬ夢となってしまいましたが・・・




posted by yamagen at 21:55| Comment(0) | 登山記録

2016年09月17日

大日三山(3)

9月9日(金)〜11日(日)
剱岳を背景に ゆっくり歩く雲上の大縦走
11日大日小屋〜大日平山荘〜牛首〜大日岳登山道入口〜称名の滝駐車場
RIMG5281.JPG RIMG5282.JPG
絶景を後にして称名の滝へと下る
RIMG5285.JPG RIMG5288.JPG RIMG5289.JPG

RIMG5291.JPG RIMG5292.JPG
雨の日の下山を心配していた称名の滝への大急下降は梯子や鎖場があるが天気が良くてよかったですね

IMG_5214.JPG          IMG_5224.JPG
称名の滝側からの登山口は舗装道路にでる                             称名の滝 
左へ行けば滝へ右へ行けばバス停のある駐車場

天気晴れに恵まれた3日間exclamation
剱岳を背景にゆっくり歩いた雲上の大縦走でした
posted by yamagen at 21:06| Comment(0) | 登山記録

2016年09月16日

大日三山縦走(2)

9月9日(金)〜11日(日)
剱岳を背景に ゆっくり歩く雲上の大縦走

10日みくりが池温泉〜新室堂乗越〜奥大日岳〜中大日岳〜
     荷物を小屋に置き大日岳往復〜大日小屋(泊)
IMG_5074.JPG IMG_5079.JPG IMG_5083.JPG
地獄谷の向こうに目指す大日岳がどっしりとたたずむ 昨夜は満天の星空で今日は予想通りの青空!地獄谷と雷鳥荘

IMG_5084.JPG IMG_5088.JPG IMG_5092.JPG
   雷鳥平のテント場と剱御前方面        雷鳥平のテント場を行く   雷鳥沢に架かる橋を渡って新室堂乗越へ

IMG_5098.JPG IMG_5101.JPG
ガラ場を緩やかに登り高度を上げていくと有毒ガスが激しく噴出している地獄谷がだんだんと下になっていく

IMG_5108.JPG IMG_5109.JPG
新室堂乗越から室堂乗越間は緩やかな縦走路    一ノ越〜浄土山〜国見岳をバックに室堂平その下に地獄谷 

IMG_5111.JPG IMG_5112.JPG
       剱岳が姿を現し始める                   右のピークのさらに先が奥大日岳

IMG_5114.JPG IMG_5121.JPG IMG_5124.JPG
夏の花が終わり今花はリンドウだけ

IMG_5135.JPG IMG_5123.JPG
るんるん剱見るな〜ら赤谷山でよるんるんと歌われているがここからの剱もイイネexclamation    どっしりとした薬師岳もイイネexclamation

IMG_5139.JPG IMG_5137.JPG
    そして雲海の上に白山も見える             奥大日岳の最高点(目の前のピーク)は巻いていく

IMG_5140.JPG IMG_5142.JPG IMG_5144.JPG
  このトラバースが終われば奥大日岳は目の前となる        立山道路と槍穂〜笠ヶ岳(右の三角の山)遠望

IMG_5146.JPG IMG_5149.JPG
       槍ヶ岳と穂高連峰                        立山

IMG_5155.JPG IMG_5158.JPG IMG_5156.JPG
「オーイもうすぐだよ頑張ってね〜」奥大日岳山頂からみんなを待つ              奥大日山頂より剱をバックに

IMG_5167.JPG IMG_5169.JPG
     早月尾根の向こうに白馬岳も見える                  山頂からの薬師岳

IMG_5168.JPG IMG_5174.JPG IMG_5175.JPG
中大日岳(左)と大日岳(右)の間に大日小屋       奥大日を後にし中大日岳へ

RIMG5258.JPG RIMG5260.JPG RIMG5263.JPG
  奥大日岳を下ってホッと一息          その先にはこんな巨岩が現れ変化に富み楽しいコースだね

RIMG5267.JPG RIMG5268.JPG RIMG5269.JPG
                      中大日岳を下れば今夜泊まる大日小屋

小屋に着き荷物を置いて大日岳を往復する
天気も良くて昨日同様外で景色を楽しみながらみんなで語らう 
宿泊の山はお互いに参加者の方の名前を憶えられたり 
山の話が盛り上がったりとなかなか楽しいものですね

RIMG5277.JPG RIMG5281.JPG
         大日岳に沈む夕日                      雲海に浮かぶ山々

今回の山旅のハイライトは素晴らしい青空に恵まれ 
劔岳をはじめこの間行ったばかりの白馬岳〜朝日岳・悪天で中止になってしまった毛勝山方面槍穂
薬師岳・・・
を眺めながらのまさしく雲上の大縦走となりました
翌日の天気は曇りのち雨と予報が出ていますがさてどうなることやら・・・称名の滝への大急降下が待っているのでみなさんちょっと心配そうでしたね 雨にならぬよう祈るしかありませんね晴れ





posted by yamagen at 01:07| Comment(0) | 登山記録