2017年06月08日

西方の山3座下見

5月20日〜22日 
@滋賀県の琵琶湖・湖西の「蓬莱山」 
A滋賀・三重県境(鈴鹿山系)「藤原岳」
B日本百名山「恵那山」

京都にいる中学時代の同級生が計画してくれた「ミニ同窓会」が琵琶湖・湖西であったので ついでに来年の山の下見をして来ようと思い立ち 車で行くことにしました

19日は夕方から同窓会だったので 途中のSAで休みながら1日かけて琵琶湖まで行き みんなと合流し楽しいひと時を過ごしました 翌日宿をゆっくり出発しみんなと別れ 予定していた蓬莱山へ向かいました

@ 蓬 莱 山
IMG_8857.JPG IMG_8862.JPG IMG_8869.JPG 
ロープウェイ駅より見上げた蓬莱山・・・どの峰かな?  車道を少し登ると登山口標識  整備された杉林の中の登山道

IMG_8890.JPG IMG_8887.JPG IMG_8886.JPG 
      コースとの合流点                花は期待してなかったが意外なことにイワカガミがいっぱい

IMG_8899.JPG IMG_8898.JPG IMG_8894.JPG

IMG_8903.JPG IMG_8905.JPG
右手にず〜っと琵琶湖を見ながら歩く

IMG_8912.JPG IMG_8913.JPG IMG_8921.JPG
蓬莱山山頂にはたくさんの人 [] ひと・・・ここから御女郎ヶ池に向かう  左手に琵琶湖・上ってきたコースを見ながら

  IMG_8932.JPG IMG_8942.JPG
                小女郎ヶ池                          池に蓬莱山が映ってる
         
IMG_8914.JPG IMG_8968.JPG
      蓬莱山山頂に戻って行く                 移動もあるので下りはロープウェイに乗って

蓬莱山は日本三百名山でもあり ロープウェイもありますので日程・時間に合わせていろいろな行程が選べると思います
ロープウェイがあるため山頂は観光客でいっぱいですが 登山で来る方は他の山と同様だと思います
琵琶湖の眺めが素晴らしく山頂部は笹原や低木ですっきりとしたいい山ですよ

A 藤 原 岳
IMG_8978.JPG IMG_8986.JPG IMG_8995.JPG IMG_9009.JPG
聖宝寺より裏登山道(聖宝寺登山道)を行く よく整備された登山道で標識も一合目毎に付いているが登山者は少ない
IMG_9014.JPG IMG_9015.JPG IMG_9006.JPG IMG_9018.JPG
8合目は裏登山道と表登山道(大貝戸道)の合流点 ここからは登山者が多くなる
花の百名山となっている花「福寿草」はこのあたりから現れ始めるようだ 春の山登りが楽しみになる

IMG_9026.JPG IMG_9025.JPG IMG_9032.JPG
   9合目からは展望がよくなる                9合目からの展望
IMG_9035.JPG IMG_9037.JPG
山頂が近づくと余計石灰岩の岩が露出した道となり歩きにくいが木々の緑と青い空に映える      避難小屋に到着
IMG_9042.JPG IMG_9047.JPG IMG_9060.JPG
避難小屋から右方向・天狗岩に向かう 石灰岩の露出がきれいだ!
IMG_9062.JPG IMG_9066.JPG
     天狗岩から藤原岳山頂(三角形の山)
IMG_9074.JPG IMG_9075.JPG
    避難小屋手前から藤原岳を望む
IMG_9080.JPG IMG_9083.JPG IMG_9094.JPG
避難小屋から藤原岳へ向かう道は笹原の開けた気持ちのいい所 途中にアセビの群生  

IMG_9096.JPG IMG_9102.JPG IMG_9101.JPG
       藤原岳の山頂               山頂から見た御池岳(左)と天狗岩(右)       山頂の賑わい

IMG_9104.JPG IMG_9116.JPG IMG_9119.JPG
   藤原岳の下り始めの景色          避難小屋に戻る         下の景色を眺めながら下り始める

IMG_9138.JPG IMG_9149.JPG IMG_9154.JPG
よく整備された表登山道5合目を行く 下山口には立派な「藤原岳登山口休憩所」がある  車道を歩き聖宝寺の登山口に戻る

裏登山道6合目付近でクマが登山道を横切ったのを見ました 後から来た4人のパーティー(奈良から来た人たち)の後に付かせていただき感謝です
休憩所で会った地元の方に聞くと「クマはいないんだけどな〜」とのことでしたが 裏登山道の入口には「クマ注意!」の看板ありです 数年前にクマが目撃され報道もされたようですが・・・私たちが普段のぼっている山はクマがいて当たり前ですが こちらの山はクマ注意はあまり必要ないようですねわーい(嬉しい顔)よかった

花の百名山藤原岳は福寿草の見ごろは3月下旬のようです 来年予定に入れようと思っています 
福寿草がない時期でもとてもいい山でしたので 花の時期は素晴らしいでしょうね
来年の予定に期待してください

B 日本百名山 恵 那 山  
IMG_9162.JPG IMG_9165.JPG IMG_9167.JPG
神坂峠の登山口           なだらかな登りが続く           千両山は展望がよい 恵那山を望む

IMG_9172.JPG IMG_9173.JPG IMG_9174.JPG IMG_9177.JPG
      鳥越峠                          峠からは等高線上の道が続きなかなか高度が上がらない

IMG_9180.JPG IMG_9182.JPG IMG_9185.JPG
     やっと着いた「大判山」ここで会った男性は「こんなに歩いて高度は100mしか上がってない」とぼやいていた
     大判山(1696m)ー神坂峠(1569m)=127m

IMG_9197.JPG IMG_9196.JPG IMG_9189.JPG
尾根の右側は崩れている箇所が多い       

IMG_9205.JPG IMG_9207.JPG IMG_9211.JPG
残雪が所々現れてくる   最後は解けてまた凍ったところもあり厄介だ 稜線に出たら山頂は左へまっすぐ行くと川上道

IMG_9217.JPG IMG_9220.JPG IMG_9248.JPG
                                                  ここが最高地点
  
IMG_9231.JPG IMG_9232.JPG IMG_9235.JPG IMG_9236.JPG
   避難小屋                        「恵那山」山頂標識のある恵那神社奥宮

IMG_9297.JPG IMG_9301.JPG IMG_9305.JPG
気持ちの良い千両山への登り        千両山から眺める笹原の富士見台            神坂峠に戻る


黒井沢道からが一般的のようですが 神坂峠からのコースはアップダウンも多く健脚向きと記してあるが展望がよいコースです
今年悪天候で登れなかった「南木曽岳」と組んで来年計画したいと思います
posted by yamagen at 23:45| Comment(0) | 登山記録
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: