2018年03月03日

白毛門



3月3日(土)
ゲンさんと二人で白 毛 門に行って来ました
予報通りのポカポカ陽気晴れ
汗をかきかき登りました
RIMG0442.JPG RIMG0443.JPG RIMG0445.JPG
白毛門登山口の駐車場は雪の原 急登が待つ白毛門へ         早速この景色(西黒尾根と谷川岳)

RIMG0449.JPG RIMG0450.JPG RIMG0451.JPG 
スキーを担いだ3人組         谷川岳の景色もどんどんよくなる        登り始めて40分山頂が見えてくる                             
赤倉沢を滑るとか?(ネットで紹介されてますね)

  RIMG0453.JPG RIMG0454.JPG RIMG0458.JPG
    木もまばらな樹林帯の斜面    樹林帯を抜けると傾斜が増します

   RIMG0459.JPG RIMG0461.JPG
   松ノ木沢ノ頭から見る山頂                     谷川岳・一ノ倉岳
   遅れる私に「ゆっくり後から来い!」と言ってゲンさんは先に行きました
   
   RIMG0463.JPG RIMG0465.JPG RIMG0468.JPG
   松ノ木沢ノ頭を過ぎて山頂へとトレースは延びている

   RIMG0469.JPG RIMG0472.JPG
   けっこう長い最後の急斜面です   急斜面を登りきり登ってきた尾根を振り返る 後続の方が登ってきました

RIMG0475.JPG RIMG0479.JPG
急斜面を登りきった後は緩やかに山頂へとトレースが続く               山頂到着で〜す!

RIMG0493.JPG RIMG0498.JPG
   山頂から笠ヶ岳・朝日岳方面を見る             何人か後から登ってくるが土曜の好天にしては少ない

RIMG0487.JPG RIMG0486.JPG
        至仏山(左)と笠ヶ岳(右)                            上州武尊

RIMG0490.JPG RIMG0492.JPG
  燧ケ岳(右)と左側に見える三角の白い山は景鶴山                  尾瀬方面の山全景

RIMG0501.JPG RIMG0503.JPG
  一ノ倉岳・茂倉岳・武能岳素晴らしい景色

RIMG0484.JPG RIMG0483.JPG
     武能岳から蓬峠の馬蹄形縦走路                  七ツ小屋山とその右肩に大源太山

RIMG0505.JPG RIMG0507.JPG RIMG0509.JPG
さあ下山 慎重に下らなければ!                  登ってきた急斜面を避け右に回り込んで下る

RIMG0512.JPG RIMG0513.JPG RIMG0515.JPG
少し張り出した雪庇の間からの下りはかなり急・後ろ向きでしっかりピッケルを差し込んでステップを切って下る

RIMG0520.JPG RIMG0521.JPG
松ノ木沢ノ頭から谷川東面岩壁(あまりにも美しくまた撮ってしまいました)

RIMG0522.JPG RIMG0523.JPG
                                  松ノ木沢ノ頭から山頂を振り返る

   RIMG0531.JPG RIMG0533.JPG
      松ノ木沢ノ頭直下は少し急斜面 後は樹林帯に入る
   RIMG0534.JPG RIMG0536.JPG RIMG0538.JPG
     輝く谷川岳(何度も撮ってしまいます)  足が潜ってしまい最後の下りが一番大変でした 橋の雪は細く崩れそう 

そんな訳で訓練登山でしたが少しバテ気味で、個人的な山行をもう少しハードにやらないとダメだなと感じた一日でした。
北八ヶ岳の山行は病み上がりで心配してましたものの難なく歩けましたが、やはり北八ケ岳とは山の規模や難度が違うと改めて感じました。

白毛門は標高差約1,000mあり急登のコースです。特に下りでは的確なアイゼンワークやピッケルワークが必要であり、緊張感と慎重さが求められます。下山してからゲンさんに「お前が落ちるのではないかと思った」と言われましたが、「落ちるかな?」という不安は全くありませんでした。でも「慎重に行動しなくちゃ」という思いはずっとありました。

病気になって本格的な雪山登山から遠ざかって15年くらい経ちますので、無理するつもりはありませんが一歩一歩また積み上げて安全に雪山に行けるようにしたいと思います。

ちょっと恥ずかしいのですが、初めて今回の山行を「ヤマレコ」にも投稿してみました。カメラと慣れないスマホでも写真を撮っていたので、余計ゲンさんに遅れを取ってしまいました。

皆さんも自分に合った雪山を見つけ楽しんでいっていただきたいと思います
















posted by yamagen at 21:27| Comment(0) | 登山記録
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: