2018年03月15日

輝山(てらしやま)


3月14日(水)
計画から3年目にしてやっと登ることができました
H28年は雨天で中止になってしまい 昨年は計画がなく
今年は3年分まとめてこんないい天気になりました
コースタイム
 平湯トンネル出口(9:25)〜乗鞍スカイライン〜南尾根取っ付き(9:40〜9:50)ーここからアイゼン装着
 〜輝山(12:20〜13:00)〜南尾根〜平湯トンネル(15:45)

画面をクリックすると拡大します
RIMG0611.JPG RIMG0613.JPG RIMG0614.JPG RIMG0617.JPG
平湯トンネル出口から乗鞍スカイラインを進み尾根に取っ付く       下部の南斜面は雪解けが進みヤブが出ている

RIMG0620.JPG RIMG0623.JPG RIMG0626.JPG
雪に足を取られながら急斜面を登る 樹林をぬけると雪も締まっており順調に高度を上げる 雪の中でも春はすぐそこ

RIMG0629.JPG RIMG0630.JPG RIMG0634.JPG

RIMG0635.JPG RIMG0637.JPG
 高度が上がると周りの山々が見えてくる 十石山                乗鞍岳の山頂部も見えてきた

RIMG0638.JPG RIMG0639.JPG
     この急斜面を登れば傾斜は弛む    

RIMG0641.JPG RIMG0644.JPG
しばらくは緩やかな登り 西尾根と合流した地点からちょっと先が輝山山頂になる
RIMG0653.JPG RIMG0654.JPG RIMG0656.JPG
西尾根手前が少し急登になるがあとわずか・ガンバッテ!  樹林の中を少し進めば山頂    2063.4m輝山山頂

RIMG0659.JPG RIMG0675.JPG
  山頂でまず目に飛び込んでくるのは奥穂の雄姿         山頂から南東尾根に一段下がると笠ヶ岳まで見える

RIMG0678.JPG RIMG0677.JPG
       槍ヶ岳(一番左)から穂高連峰                       槍ヶ岳アップ

RIMG0673.JPG RIMG0680.JPG
                                         山頂を後にして下山開始

  RIMG0683.JPG  RIMG0688.JPG  RIMG0692.JPG
    登ってきた南尾根を下る        乗鞍岳を正面に見て下る

RIMG0691.JPG RIMG0694.JPG
     乗鞍岳の山頂部(右)と十石山(左)

  RIMG0695.JPG  RIMG0696.JPG  RIMG0697.JPG 
  下に来るほど足を潜らせる回数が増す ヤレヤレもうすぐ車道に出るようだ!

輝山は登山道がなく残雪を利用して登るのが一般的
雪が締まってくる時期が登りやすいので機会があったら行ってみてください

投稿された記録を見ると主に@西に張り出す尾根A南東の尾根B我々が今回登った南尾根の3ルートがあります
登山者も登るが投稿には山スキーの人がけっこう多いようです

今回参加してくださった方は 諸事情により久々の山登りになってしまった方と
今シーズン雪山らしい山に行ってない方でした
アイゼンを付け歩くのは重さもあり神経も使うし慣れていないとけっこう疲れるものです
また雪の急斜面の下りは慣れないと怖さを感じるようですね

登りは予想以上に順調にいきましたが 下りで脚が攣ってしまうアクシデント発生
回復するまで休んだりゆっくり慎重に行動し焦らず時間をかけ無事下山できました

登山は必ずしも予定通りにはいかない事を認識し 
それに対応できる知識や技術また必要な装備を持つことが大事ですね











posted by yamagen at 22:20| Comment(0) | 登山記録
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: