2018年05月01日

景鶴山


4月27日(金)〜29日(日)
ぐんま百名山
景鶴山 2004m

27日鳩待峠〜アヤメ平〜竜宮小屋〜見晴(桧枝岐小屋泊)
IMG_2091.JPG IMG_8482.JPG IMG_2094.JPG
   今年の鳩待峠と至仏山          1年前の鳩待峠(山ノ鼻へ下る側から)   赤布と地形図を頼りに進む

IMG_2097.JPG IMG_2098.JPG
    樹林帯を抜け気持ちのよい雪原を行く              左手に目的の山「景鶴山」を見ながら進む

IMG_2107.JPG IMG_2112.JPG
        至仏山をバックに                        雪の山並みを眺め撮影タイム

IMG_2113.JPG IMG_2121.JPG

IMG_2128.JPG IMG_2130.JPG IMG_2129.JPG
    日光白根山(左)と錫ヶ岳(右)        

IMG_2135.JPG IMG_2139.JPG
                                                   アヤメ平と燧ケ岳
IMG_2145.JPG IMG_2147.JPG IMG_2149.JPG

IMG_2152.JPG IMG_2154.JPG IMG_2155.JPG
下方に尾瀬ヶ原が見えてきた
IMG_2158.JPG IMG_2160.JPG IMG_2163.JPG IMG_2164.JPG
時間に余裕があるので途中の安全な斜面でアイゼンワーク
IMG_2166.JPG IMG_2167.JPG IMG_2169.JPG
尾瀬ヶ原はこんなにも雪解けが進みミズバショウも咲き始めていました

IMG_2170.JPG IMG_2175.JPG
                                            竜宮小屋を過ぎて見晴へ

IMG_2177.JPG IMG_2178.JPG
見晴に着く頃は明日登る景鶴山に青空が広がってきた        今日明日の宿となる見晴・桧枝岐小屋に到着

28日景鶴山往復
IMG_2183.JPG IMG_2184.JPG IMG_2186.JPG
ちょっと雲がかかった至仏山に見送られ出発         景鶴山にも雲がかかる           尾瀬橋を渡る

IMG_2192.JPG IMG_2194.JPG IMG_2198.JPG
雪解けが早いので沢の真ん中は避け笹山鞍部へ上がる 笹山鞍部から上は藪漕ぎとなってしまったがやっと雪上を歩ける

IMG_2200.JPG IMG_2202.JPG
      燧ケ岳と見晴を振り返り見る                         与作岳への登り

IMG_2207.JPG IMG_2208.JPG IMG_2210.JPG
    与作岳から燧ケ岳と会津駒ヶ岳             与作岳山頂     ここからは景鶴山を正面に見て進む

     IMG_2214.JPG IMG_2215.JPG

IMG_2219.JPG IMG_2222.JPG IMG_2223.JPG
    山頂直下まであと少し          ハーネスを付けザックを置いて山頂へ

IMG_2227.JPG IMG_2228.JPG IMG_2229.JPG
燧ケ岳・尾瀬ヶ原をバックにゲンさんがロープを張る間安全地帯で待つ ロープを張った所を右から回りこみ登る

IMG_2230.JPG IMG_2231.JPG IMG_2237.JPG

IMG_2235.JPG IMG_2241.JPG

IMG_2245.JPG IMG_2254.JPG IMG_2258.JPG

IMG_2264.JPG IMG_2266.JPG
       左手には平ヶ岳がきれいに見える                   前日のコースを右手に見て           

IMG_2269.JPG IMG_2279.JPG IMG_2278.JPG

IMG_2281.JPG IMG_2283.JPG IMG_2284.JPG

IMG_2286.JPG IMG_2288.JPG IMG_2290.JPG
笹山鞍部へコースをとらず藪を避けて下山する

IMG_2292.JPG IMG_2297.JPG IMG_2299.JPG
弱点を見つけながら渡れるところを見出す          尾瀬橋を渡る           与作岳方面と只見川

IMG_2301.JPG IMG_2303.JPG IMG_2305.JPG

29日見晴・桧枝岐小屋〜白砂乗越〜沼尻休憩所〜三平下〜三平峠〜一ノ瀬休憩所
      〜大清水
IMG_2307.JPG IMG_2308.JPG
見送りに出て下さった宿のオーナー「ひげくまさん」と記念撮影したあと 朝日が当たる至仏山や昨日登った景鶴山に別れを告げ尾瀬沼へ向かう

IMG_2311.JPG IMG_2313.JPG IMG_2314.JPG
こんなに笹が出ているので雪の上を縫って進む

IMG_2315.JPG IMG_2317.JPG IMG_2319.JPG
                     白砂乗越を過ぎると目の前に雪の原が広がる そこは白砂田代の湿原 

IMG_2321.JPG IMG_2322.JPG IMG_2324.JPG
 滔々と流れる沼尻川に沿ってルートは延びる    尾瀬沼に着きました「ワァー着いたぞー!」

IMG_2325.JPG IMG_2326.JPG IMG_2327.JPG
一面氷に覆われた尾瀬沼を眺め「沼尻休憩所」で昼食

IMG_2329.JPG IMG_2328.JPG
         燧ケ岳と尾瀬沼                      解け始まった所は美しい「青色」

沼の縁を歩いたり氷が解けていたり氷面から急斜面で通過が無理なため上にルートをとったりしながら三平下へ

IMG_2331.JPG IMG_2332.JPG IMG_2333.JPG
  三平下から眺める燧ケ岳は雄大で美しい               

IMG_2337.JPG IMG_2336.JPG IMG_2335.JPG
一ノ瀬から林道を下り途中から登山道を歩いてみる     青と白のキクザキイチゲ

IMG_2341.JPG IMG_2339.JPG IMG_2342.JPG 
  「ひげくまさん」お勧めのミズバショウの森          

体力的に無理がありそうな方は往路・復路とも尾瀬ヶ原経由予定でしたが 原の残雪状況が悪いため往路はアヤメ平経由・復路は尾瀬沼経由の予定通りのコース取りとなりました

アイゼンを着けての長距離の歩行に慣れない方は かなりの疲労があった事でしょうが 3日間天候にも恵まれ充実した山行になったことでしょう 
毎年入れているためもあり3日間の日程であったりで申し込みが少なかったので 3日間だからこそ行けそうな方をお誘いした結果参加者が増え皆さんに喜んでいただけました ご参加くださいました皆さんありがとうございました 























posted by yamagen at 21:45| Comment(0) | 登山記録
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: