2018年10月15日

鞍掛山・三ツ石山・焼山

9月28日(金)〜30日(日)
東北の山3座を予定していきましたが、台風接近で3座目「焼山」は中止になってしまいました。
今山行の中心の山「三ツ石山」は紅葉真っ盛りで今季最初の「紅葉狩り山行」となりました。

28日 鞍 掛 山 897.1m 相の沢キャンプ場〜西側コース〜鞍掛山〜東側コース〜相の沢キャンプ場
IMG_0145.JPG IMG_0149.JPG IMG_0151.JPG IMG_0157.JPG IMG_0155.JPG

IMG_0159.JPG IMG_0162.JPG IMG_0164.JPG IMG_0166.JPG

IMG_0167.JPG IMG_0173.JPG IMG_0175.JPG
                                    幼稚園の年長児たちがハイキングに来ていました
IMG_0176.JPG IMG_0179.JPG IMG_0182.JPG
        カタクリ群生地

IMG_0186.JPG IMG_0187.JPG IMG_0184.JPG IMG_0190.JPG
                  
IMG_0195.JPG IMG_0196.JPG IMG_0198.JPG

     IMG_0200.JPG IMG_0199.JPG
     残念ながら岩手山の山頂部は望めませんでした

IMG_0210.JPG IMG_0220.JPG IMG_0221.JPG IMG_0224.JPG
                    東側コースを下り切ると牧場に沿って相の沢キャンプ場へと道は続く

鞍掛山は歩行時間1時間45分・歩行距離6.5km・累積標高差±380mのよく整備されたハイキングコースです

29日三ツ石山 1466m 網張温泉・奥産道 大松倉橋ゲート〜網張登山口〜三ツ石山荘
       〜三ツ石山〜三ツ石湿原分岐〜松川温泉
IMG_0229.JPG IMG_0230.JPG IMG_0232.JPG
 林道から登山口に入る        滝ノ神温泉分岐(道が大分ぬかるんでくる)

IMG_0234.JPG IMG_0238.JPG IMG_0239.JPG
   やっと山頂部が少しだけ見えてきた                              三ツ石山荘手前の水場

IMG_0241.JPG IMG_0247.JPG
  三ツ石山荘は湿原の中にありとてもきれいです

IMG_0248.JPG IMG_0249.JPG IMG_0252.JPG
                                  岩手山が少し見えています

IMG_0254.JPG IMG_0255.JPG
  登るにつれ雲が取れ岩手山が姿を見せてくれました             三ツ石山荘を見下ろす「キレイ!」

IMG_0256.JPG IMG_0258.JPG IMG_0263.JPG
咲き残る花を眺めたり空の様子を見上げたり岩手山を眺めたりしながらあっという間に山頂「待っていましたこの景色!」

IMG_0261.JPG IMG_0288.JPG

IMG_0274.JPG IMG_0290.JPG

IMG_0291.JPG IMG_0292.JPG IMG_0294.JPG
どんどん青空が広がって皆さんが到着したころは紅葉が輝いていましたね

網張温泉側からのコースから登ると、山頂に到着しないとあの素晴らしい紅葉は目に入ってきません。ですので山頂に着いた時の感激は一番かと思います。

おまけ1
私は同じコースを下りましたが、その時、松川温泉→源太ヶ岳→小畚山→三ツ石山のコースで登って来て、松川温泉に戻るのを間違えて網張温泉側に下りてしまったトレランの女性とご一緒しました。彼女のお話しでは「小畚からずっと山頂周辺の紅葉を目の前にしながら登るのでとてもよかった」との事でした。
(これから三ツ石山に行く方は参考にしてみて下さい)

トレランの女性・Nさんは東京出身で岩手に魅せられ移住したとの事、東京で働いていた時は国際線の乗務員であった事、もちろんトレランナーなら当たり前ですが、トレランの第一人者「鏑木さん」を知っていた事、群馬それも新里出身であり私たちの住んでいる所だと言うと喜んでくれた事・・・とてもイキイキと楽しい生活を送っていることが伝わってきたステキな女性でした。いい出会いをありがとう!

おまけ2>八幡平高原ホテルにて
IMG_0313.JPG IMG_0312.JPG IMG_0318.JPG IMG_0322.JPG
この方はこのホテルのオーナーです
なんで岩手県で「赤城山」?・・・埼玉から湯治に来られた常連客で深谷ネギの生産者さんが持ってきてくれたお酒との事
そしてオーナーは若い頃高崎で数年仕事をしていたとの事で私たちが宿泊したのを喜んでくれました。

また、民謡「南部牛追い唄」をお願いしたところ、この熱唱を聞かせてくださいました。
台風接近で「焼山」は中止になってしまい残念でしたが、山だけではなくステキな楽しい旅でした
















posted by yamagen at 22:50| Comment(0) | 登山記録
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: