2018年11月08日

庚申山〜鋸山〜皇海山

11月3日(土)〜4日(日)
庚申山〜駒掛山〜薬師岳〜鋸山〜皇海山
3日銀山平〜一の鳥居〜庚申山荘(泊)⇆お山めぐり

IMG_1161.JPG IMG_1164.JPG IMG_1168.JPG  
銀山平から一の鳥居まで青空と紅葉の中の林道を歩く
IMG_1172.JPG IMG_1175.JPG IMG_1178.JPG
    一の鳥居                 庚申七滝方向の紅葉              庚申山荘へ向かう

IMG_1180.JPG IMG_1182.JPG IMG_1183.JPG
                                                        鏡岩

IMG_1187.JPG IMG_1188.JPG IMG_1191.JPG
       夫婦蛙岩                    仁王門               旧猿田彦神社跡

IMG_1195.JPG IMG_1200.JPG
       庚申山荘に着きました                         山荘は立派でステキな建物です

お山めぐり
RIMG2046.JPG RIMG2054.JPG RIMG2056.JPG

RIMG2057.JPG RIMG2059.JPG RIMG2065.JPG

RIMG2073.JPG RIMG2075.JPG

RIMG2077.JPG RIMG2078.JPG IMG_1211.JPG
                                                    山荘内のコウシンソウ写真

IMG_1213.JPG IMG_1212.JPG
お山めぐりから帰ってきて温か〜いおでんで「カンパ〜イ!」(大鍋は山荘の物をお借りしました)

4日庚申山荘〜庚申山〜駒掛山〜薬師岳〜鋸山〜不動沢のコル⇆皇海山〜皇海橋登山口
IMG_1220.JPG IMG_1221.JPG IMG_1225.JPG
山荘と右の建物はバイオトイレ         皇海山への縦走にいざ出発!

IMG_1230.JPG IMG_1233.JPG IMG_1237.JPG
    奇岩の中を庚申山へ           朝陽が紅葉と岩を染めます
IMG_1235.JPG IMG_1240.JPG IMG_1248.JPG

IMG_1254.JPG IMG_1257.JPG IMG_1261.JPG

IMG_1264.JPG IMG_1269.JPG IMG_1271.JPG
平らになり針葉樹林を進めば庚申山の山頂 山頂は展望が効きません

IMG_1275.JPG IMG_1276.JPG IMG_1278.JPG IMG_1280.JPG
庚申山から先はいったん下ります  御岳山は大したピークではありません  駒掛山への登り

IMG_1282.JPG IMG_1283.JPG IMG_1288.JPG
     駒掛山山頂

IMG_1291.JPG IMG_1294.JPG IMG_1295.JPG
                                     薬師岳まで来ると鋸山が近づいたなと思える
IMG_1297.JPG IMG_1298.JPG IMG_1301.JPG IMG_1302.JPG

IMG_1304.JPG IMG_1309.JPG
いよいよ核心部!鋸山です 名前の通り岩場を何度かアップダウンしていきます 危険箇所にはロープや鎖の設置有り

IMG_1311.JPG IMG_1314.JPG IMG_1318.JPG

IMG_1324.JPG IMG_1328.JPG IMG_1331.JPG

IMG_1339.JPG IMG_1341.JPG IMG_1345.JPG

IMG_1348.JPG IMG_1352.JPG IMG_1359.JPG
六林班峠方面からの合流地点をちょっと上がった所が山頂    不動沢のコルへの下りもロープ設置あり慎重に下る

IMG_1368.JPG IMG_1371.JPG IMG_1373.JPG
不動沢のコルにはツァーの団体さん等で賑わっていました 昼食後皇海山へ向かう   青空が出て鋸山を陽が照らす

    RIMG2080.JPG RIMG2084.JPG RIMG2086.JPG
    皇海山山頂にはいくつかの標識が立つ

IMG_1376.JPG IMG_1378.JPG IMG_1380.JPG
不動沢のコルからの下りは荒れてきています   林道に出れば皇海橋はすぐそこ         皇海橋登山口

庚申山荘の情報
 @週末は管理人さんが入るようです(この日は来てくれました)
 A使用料金は1泊=一般:2,050円 休憩料=一般:300円(管理人さんが不在時は料金箱に!)
 B寝具(敷布団・掛け布団・枕)あり 毛布はありません
 (直接触れるのが嫌な方は袋型シーツやシュラフカバーを持参するといいですよ)
 C建物内に炊事場があり水豊富 燃料・コンロと食材を持っていけば鍋は借りられます
 Dトイレはバイオトイレですが別棟です(夜間は中に電気がつきます)
 東京から来てお山めぐりをして泊ったご夫婦は「ここに泊ってみたかったので来ました」と言っていました。
  子どもが小さかった頃我が家もここに泊ってみました。庚申山だけなら泊る必要はありませんが、
  泊まりたくなるようなところです。
  
参加してくださった方々は、庚申山だけなら皇海山だけなら登ったことがある方たちでしたが、鋸山を越えての縦走ともなるとレベルが高くなりますので、このコースの縦走は皆さん初めてでした。
転落の危険性の高い箇所は一人づつ確保して通過するような場面もありました。鎖場やハシゴ設置箇所も多くこのような場面では緊張感の持続が求められます。

そんないつもと違った山登りに、皆さん達成感と満足感が得られたのではないでしょうか?
そう感じていただけるとうれしいですね!
























【登山記録の最新記事】
posted by yamagen at 09:53| Comment(0) | 登山記録
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: