2018年04月01日

ミツバ岳



さくらの花があっという間に満開になってしまいましたが、いよいよ私たちの足も「花の山」へ向かう時期になりました。

3月28日(水)
丹沢 ミツバ岳〜権現山
IMG_1641.JPG IMG_1642.JPG IMG_1643.JPG IMG_1645.JPG 
丹沢湖に沿ってはしる道路の滝壷橋が登山口             登ってすぐにマムシグサとスミレが出迎えてくれた

IMG_1646.JPG IMG_1650.JPG IMG_1649.JPG
杉林は急斜面だが登山道はジグザグに付けられていて歩きやすい   杉林の中でミツマタの花が待っていてくれた

    IMG_1653.JPG IMG_1657.JPG
    ミツマタの花の香漂う中を登って行く 

IMG_1667.JPG IMG_1670.JPG IMG_1675.JPG
杉林の急斜面が終わると落葉の木々が美しい林を抜けミツマタの咲き誇るミツバ岳山頂(834.2m)

IMG_1673.JPG IMG_1677.JPG
    青空に黄色いミツマタが輝く                    富士山は雲に隠れ少しだけしか見えず残念

IMG_1686.JPG IMG_1689.JPG
平日にしては賑わう山頂で昼食にし権現山へ向かう                  途中にもミツマタがいっぱい!

IMG_1691.JPG IMG_1696.JPG IMG_1692.JPG IMG_1694.JPG
昨年赤城でカメラを拾い知り合った方にお会いする 権現山山頂手前急登を登りきる         権現山山頂         

IMG_1697.JPG IMG_1700.JPG
    ミツバ岳に戻る途中から見る権現山                   ミツバ岳のミツマタと丹沢湖

皆さんは権現山から二本杉峠を経て細川橋登山口に下りました
RIMG0735.JPG RIMG0738.JPG
                                        こちら側にもこんなにたくさんのミツマタ
        
         IMG_1659.JPG

        天候にも恵まれ満開のミツマタを堪能できた山行でした





posted by yamagen at 23:17| Comment(0) | 登山記録

2018年03月20日

雪山山行


個人的山行(単独行)
1)阿能川岳〜小出俣〜谷川岳
  3月10日(土)〜11日(日)

10日仏岩ポケットパーク〜阿能川岳〜小出俣山〜1653mピーク手前の鞍部(泊)
       スタート地点には2人組が出発準備をしていたが先に7:00スタート!
       アイゼンで歩き始めたがあまりにも潜るのでワカンに履き替え赤谷越で再びアイゼンに履き替え

RIMG0542.JPG RIMG0544.JPG RIMG0546.JPG

RIMG0549.JPG RIMG0548.JPG
        11:50阿能川岳山頂

RIMG0551.JPG RIMG0553.JPG

RIMG0555.JPG RIMG0559.JPG

風が強い一日だったがテントを張る頃には風も収まってきた 
RIMG0557.JPG RIMG0558.JPG
15:00頃幕営地に着きテント内でくつろぐ 後は「酒を飲み飯食って寝るだけ!」  テント内から外のきれいな景色を見る

「暇だから外にでも出てみるか」とテントから出てみた景色がコレexclamation  景色も独り占め!
RIMG0561.JPG RIMG0562.JPG
                                               小出俣山山頂

RIMG0564.JPG RIMG0566.JPG
           一日のおわり

11日テント〜川棚ノ頭〜オジカ沢ノ頭〜谷川岳〜天神尾根〜ロープウェイ〜土合
       朝まだテントの中にいる時 誰か通過して行った「先行者有!」 
RIMG0567.JPG RIMG0569.JPG
     7:00テント撤収し出発

RIMG0575.JPG RIMG0576.JPG
朝のうちはガスっていたが少しづつ周辺の峰々が姿を見せてくれるようになってきた

RIMG0580.JPG RIMG0584.JPG
      11:25オジカ沢ノ頭                      オジカ沢ノ頭から振り返り見る小出俣方面

RIMG0585.JPG RIMG0587.JPG
稜線付近の雪面はこんな状態に! だいぶ口を開けており上に新雪がのった所は要注意!

RIMG0589.JPG RIMG0591.JPG

         RIMG0599.JPG
               11:25谷川岳トマノ耳より歩いてきた主稜線と爼ー

RIMG0603.JPG RIMG0605.JPG
      天神尾根の下りより見る爼ー                      雲の中の小出俣方面

      RIMG0609.JPG 
             熊穴沢避難小屋付近から見る阿能川岳・小出俣山・爼ー(左から)

朝テントの脇を通過した登山者は川棚ノ頭手前のピークあたりで引き返していきました「エッ―ここまで来て帰る?」
小出俣まではトレースはありましたが その先はなし そして誰もいない

谷川岳肩の小屋からトマノ耳にかけては銀座? いや渋谷のスクランブル交差点?
                                (行ったことないけど・・・)

天神尾根を下り田尻尾根を下る予定でいたので、迎えに来ることになっていたかみさんには
ロープウェイなんか使わないよ!と豪語したのに・・・誘惑に負けてしまいました

2)谷川温泉〜二俣〜中ゴー尾根〜谷川岳〜天神尾根〜ロープウェイ〜土合
   3月19日(月)
RIMG0701.JPG RIMG0703.JPG RIMG0705.JPG
谷川温泉を6:00出発 道は荒れている 牛首と二俣間でジャブジャブと水が入ってしまうほどの渡渉2回あり

RIMG0707.JPG RIMG0708.JPG 

RIMG0710.JPG RIMG0711.JPG
      中ゴー尾根取っ付き8:45                    阿能川岳も見えています

RIMG0713.JPG RIMG0714.JPG
    上部の雪の状態はこのようにズタズタ

RIMG0720.JPG RIMG0719.JPG
    稜線までもうすぐ小出俣が見えます                         

RIMG0721.JPG RIMG0723.JPG
      13:00肩ノ小屋に着きました                      阿能川岳をアップ

     RIMG0727.JPG 
               天神尾根から中ゴー尾根を見る

阿能川岳〜小出俣〜谷川の時の様なにぎやかさはなく 2〜3人しかいない谷川岳を後にして天神尾根を下りました
計画では保土野沢を下る予定でしたが 時間がかかってしまったのでまたまたロープウェイ使用ふらふらア〜情けない

歳には勝てないことを実感させられた二つの山行でした




         




posted by yamagen at 19:23| Comment(1) | 登山記録

2018年03月15日

輝山(てらしやま)


3月14日(水)
計画から3年目にしてやっと登ることができました
H28年は雨天で中止になってしまい 昨年は計画がなく
今年は3年分まとめてこんないい天気になりました
コースタイム
 平湯トンネル出口(9:25)〜乗鞍スカイライン〜南尾根取っ付き(9:40〜9:50)ーここからアイゼン装着
 〜輝山(12:20〜13:00)〜南尾根〜平湯トンネル(15:45)

画面をクリックすると拡大します
RIMG0611.JPG RIMG0613.JPG RIMG0614.JPG RIMG0617.JPG
平湯トンネル出口から乗鞍スカイラインを進み尾根に取っ付く       下部の南斜面は雪解けが進みヤブが出ている

RIMG0620.JPG RIMG0623.JPG RIMG0626.JPG
雪に足を取られながら急斜面を登る 樹林をぬけると雪も締まっており順調に高度を上げる 雪の中でも春はすぐそこ

RIMG0629.JPG RIMG0630.JPG RIMG0634.JPG

RIMG0635.JPG RIMG0637.JPG
 高度が上がると周りの山々が見えてくる 十石山                乗鞍岳の山頂部も見えてきた

RIMG0638.JPG RIMG0639.JPG
     この急斜面を登れば傾斜は弛む    

RIMG0641.JPG RIMG0644.JPG
しばらくは緩やかな登り 西尾根と合流した地点からちょっと先が輝山山頂になる
RIMG0653.JPG RIMG0654.JPG RIMG0656.JPG
西尾根手前が少し急登になるがあとわずか・ガンバッテ!  樹林の中を少し進めば山頂    2063.4m輝山山頂

RIMG0659.JPG RIMG0675.JPG
  山頂でまず目に飛び込んでくるのは奥穂の雄姿         山頂から南東尾根に一段下がると笠ヶ岳まで見える

RIMG0678.JPG RIMG0677.JPG
       槍ヶ岳(一番左)から穂高連峰                       槍ヶ岳アップ

RIMG0673.JPG RIMG0680.JPG
                                         山頂を後にして下山開始

  RIMG0683.JPG  RIMG0688.JPG  RIMG0692.JPG
    登ってきた南尾根を下る        乗鞍岳を正面に見て下る

RIMG0691.JPG RIMG0694.JPG
     乗鞍岳の山頂部(右)と十石山(左)

  RIMG0695.JPG  RIMG0696.JPG  RIMG0697.JPG 
  下に来るほど足を潜らせる回数が増す ヤレヤレもうすぐ車道に出るようだ!

輝山は登山道がなく残雪を利用して登るのが一般的
雪が締まってくる時期が登りやすいので機会があったら行ってみてください

投稿された記録を見ると主に@西に張り出す尾根A南東の尾根B我々が今回登った南尾根の3ルートがあります
登山者も登るが投稿には山スキーの人がけっこう多いようです

今回参加してくださった方は 諸事情により久々の山登りになってしまった方と
今シーズン雪山らしい山に行ってない方でした
アイゼンを付け歩くのは重さもあり神経も使うし慣れていないとけっこう疲れるものです
また雪の急斜面の下りは慣れないと怖さを感じるようですね

登りは予想以上に順調にいきましたが 下りで脚が攣ってしまうアクシデント発生
回復するまで休んだりゆっくり慎重に行動し焦らず時間をかけ無事下山できました

登山は必ずしも予定通りにはいかない事を認識し 
それに対応できる知識や技術また必要な装備を持つことが大事ですね











posted by yamagen at 22:20| Comment(0) | 登山記録