2017年04月09日

花の山・角田山〜樋曾山


4月6日(木)角田山〜樋曾山
カタクリ・オオミスミソウが咲き乱れる山
先日までは遅くまで降雪があり雪山を歩いていたのが
一気に春の花の山へとステージは移ってきました

IMG_7822.JPG IMG_7824.JPG IMG_7828.JPG IMG_7832.JPG
稲島登山口から角田山を目指す                  杉林の緩やかな登りからスタート 

IMG_7833.JPG IMG_7834.JPG IMG_7837.JPG IMG_7848.JPG 
傾斜がきつくなると階段が続く 途中にある水場
IMG_7840.JPG IMG_7846.JPG IMG_7845.JPG
花がちらほら見受けられるようになり気分も体も楽になる?
IMG_7850.JPG IMG_7852.JPG IMG_7853.JPG
   尾根に上がると海が見える        「もう少しで角田山 ファイト!」     

IMG_7854.JPG IMG_7856.JPG IMG_7857.JPG
カタクリの花が現れ角田山に来たな!という気分              落ち葉をどけるとコシノカンアオイの花

IMG_7859.JPG IMG_8029.JPG IMG_7873.JPG
どんよりしていて遠くがはっきりしないが新潟市街や飯豊連峰・二王子岳などが望める
RIMG6813.JPG IMG_7880.JPG IMG_7892.JPG
角田山から五ヵ峠を経て樋曾山に向かう

IMG_7896.JPG IMG_7904.JPG
急遽登山口で作った樋曾山(296.7m)の標識 三角点があるので歩きながら見失わぬよう注意!

IMG_7920.JPG IMG_7948.JPG IMG_7957.JPG
カタクリやオオミスミソウ(登山口で出会った方の話では盗掘で減少との事)ヤマザクラやタムシバなど咲く林を間瀬峠へと下る

角田山〜樋曾山で出会ったはな
IMG_7912.JPG RIMG6802.JPG RIMG6805.JPG

IMG_7968.JPG IMG_7961.JPG IMG_7969.JPG IMG_7982.JPG

IMG_8067.JPG IMG_8002.JPG

IMG_7983.JPG IMG_8065.JPG IMG_8014.JPG

IMG_8036.JPG IMG_8018.JPG IMG_8051.JPG

IMG_8055.JPG IMG_8050.JPG IMG_8071.JPG

IMG_8060.JPG IMG_8077.JPG IMG_7884.JPG

IMG_7930.JPG IMG_7950.JPG IMG_7931.JPG

IMG_8072.JPG IMG_8084.JPG

IMG_8110.JPG IMG_8111.JPG

IMG_8090.JPG IMG_7866.JPG IMG_8100.JPG

IMG_8008.JPG IMG_8098.JPG


登山道には巻西小学校の子供たちのメッセージが所々に設置されている 
その中の一つ角田山はぼくらの庭

登山路から花の中に入った形跡がいたる所にあった
写真を撮りたいからだろうか?
そんなことして撮った写真は自分できれいだな〜と思えるのでしょうか?

角田山はぼくらの庭の言葉に恥じぬよう
どこの山でもこの子らの気持ちを大事に「私たちの庭」という思いで入山したいですね

      




posted by yamagen at 12:12| Comment(0) | 登山記録

2017年04月02日

東篭ノ登山・西篭ノ登山

4月2日(日
湯の丸スキー場からリフトに乗って上がり池の平湿原入口より
東篭ノ登山(2227.2m)西篭ノ登山(2212m)を往復しました

IMG_7733.JPG IMG_7735.JPG IMG_7737.JPG
リフトを降りて林道を進む      左手に西篭ノ登山・東篭ノ登山を見ながら進む
トレースはあるが新雪が積もった後は誰も入山してない模様だ
IMG_7740.JPG IMG_7741.JPG IMG_7742.JPG
池の平湿原入口より登山道に入るが一人ワカンで歩いたあとに雪が積もっている状態 先頭を交代しながら登る
                   黒斑山の向こうに浅間山の噴煙が見える

IMG_7746.JPG IMG_7747.JPG
なだらかに登るカラマツの樹林の後は急登になるが 展望がよくなり歓声があがる

IMG_7750.JPG IMG_7749.JPG

IMG_7755.JPG IMG_7759.JPG IMG_7761.JPG
森林限界を越え最後の急登                                    東篭ノ登山山頂直下

IMG_7762.JPG IMG_7763.JPG
東篭ノ登山山頂からは噴煙が上がる浅間山の山頂も見える            四阿山とその左に根子岳

IMG_7766.JPG IMG_7765.JPG
             東篭ノ登山山頂から北アルプスの峰々も霞んでくる

RIMG6798.JPG RIMG6799.JPG RIMG6801.JPG
西篭ノ登山の頂上  YさんとKさんがゲンさんと西まで足を延ばしました 「景色は東と変わらないよ〜」と帰ってきました

Aさんと私はのんびり東でお菓子をつまみおしゃべりをし景色を眺めて待ちました 
とっても暖かなこの日の山頂でした

IMG_7778.JPG IMG_7788.JPG
  西篭ノ登山へ行ったメンバーが戻って来た           下山開始 最初の下りは急斜面!慎重に行きましょう

IMG_7794.JPG IMG_7795.JPG

IMG_7804.JPG IMG_7806.JPG IMG_7810.JPG
カラマツの枝に下がるツララ    西篭ノ登山・東篭ノ登山とその右に水ノ塔山       林道を戻る

IMG_7816.JPG IMG_7817.JPG IMG_7818.JPG
  カラマツの自然林        帰りは右手に篭ノ登山を見ながら        リフトの降り口に着きました

佐久に入ると朝日がまぶしかった群馬の天気とは全く違い(黒斑山の山行の時もそうでした)どんよりとした曇り
「あれっ今日の予報は全国どこでも晴れのはずなのに・・・」

時間が経つと予報通りご覧のような青空となりました
今季の雪山好天気(黒斑山・上州武尊山に次ぐ)ベスト3に入りました
さあ今季の雪山も終わりに近づいた来ました 残るは4/29〜30ぐんま百名山景鶴山です

4月6日は角田山樋曾山カタクリオオミスミソウに会いに行き春の花の山の始まりとなります
やっと「さくら」の開花も次々に伝えられるようになり春本番ですね!スミレやカタクリや雪割草・・・
高い山へ 北の山へ 花が次々に私たち登山者を楽しませてくれますね 

  


posted by yamagen at 21:11| Comment(0) | 登山記録

2017年03月29日

横尾山

3月29日(水)
横 尾 山(1818m)は南八ヶ岳と瑞牆山・金峰山の間に位置する山です
予定では信州峠〜横尾山〜飯盛山〜平沢峠でしたが 雪が予想以上に多く時間的なことや参加してくださった方々の希望もあり 横尾山までの往復となりました

IMG_7617.JPG IMG_7620.JPG IMG_7627.JPG
登山口は車道から階段を上がった所     初めからアイゼンを付けて行く     トレースなしで積雪はこれくらい

IMG_7628.JPG IMG_7626.JPG IMG_7629.JPG
初めは短い登りが少しあるだけでなだらかに登って行く   動物の足跡や木々の間に瑞牆山・金峰山を眺めながら歩く

IMG_7633.JPG IMG_7630.JPG IMG_7636.JPG
カヤトの原へは急登が続き最後はフィックスロープがある            上に出ると素晴らしい景色が待っていた

IMG_7638.JPG IMG_7646.JPG
     カヤトの原からは八ヶ岳が見えてくる
IMG_7654.JPG IMG_7655.JPG IMG_7657.JPG
カヤトの原から横尾山までは雪が深く時間を要したが「あっ富士山!」「甲斐駒・北岳〜間ノ岳も見える〜」と気分爽快

IMG_7659.JPG IMG_7662.JPG

IMG_7665.JPG IMG_7669.JPG IMG_7673.JPG

IMG_7675.JPG IMG_7677.JPG IMG_7679.JPG
登りはここで お・し・ま・い! 「着いた〜」風もなく天気予報に反して曇り空のスタートだったがご覧の通り・・・・・

 IMG_7682.JPG
          横尾山から見た八が岳・権現岳

IMG_7691.JPG IMG_7693.JPG IMG_7699.JPG
  飯盛山は諦めて信州峠へと戻る                  岩の瑞牆山・青空に雪がくっきり金峰山に向かって

IMG_7702.JPG IMG_7707.JPG
   左から間ノ岳・北岳・少し離れ甲斐駒ヶ岳

IMG_7712.JPG IMG_7715.JPG IMG_7725.JPG
  さあ 慎重に下りましょう

   IMG_7726.JPG
     今日の山行のフィナーレはあたたかな陽がさすカラマツ林

足元はご覧のような積雪でしたがこれもいい経験になったし どんよりと曇っている中でのスタートでしたが 時間とともに晴れあがり 心と体は春の日差しを浴びてとっても暖かくなりました

参加してくださった皆さんお疲れさまでした 
また今度季節を変えて 飯盛山まで行きましょう!
posted by yamagen at 22:51| Comment(0) | 登山記録