2017年08月28日

十石山


8月23日(水)
十石山雨で途中で敗退

IMG_0965.JPG IMG_0967.JPG IMG_0966.JPG IMG_0968.JPG
    白骨温泉登山口                                登山口にはこの二つの標識がある

IMG_0969.JPG IMG_0973.JPG IMG_0979.JPG
最初少し登るとすぐになだらかになり笹の中を進む

けっこう笹丈があり身長が低い人は頭位に達する所もあり ダニによる感染症が報告されているので 帽子をかぶったり襟のある長袖の上衣着用や手拭いを首に巻いたりするなど ダニ対策の必要もあります

ルートの半分くらいで雨となり しばらくすると雨足も強まり途中で断念し下山となってしまいました
もう少し歩くペースを早くできたならば 高度を稼げ雨の降りだし時もっと山頂に近づいていたのでは?
と思いましたが 避難小屋手前が急であの雨の状況では今回のメンバーで危険と判断させていただきました

   IMG_0980.JPG IMG_0988.JPG IMG_0991.JPG
    雨の中下山 足元が滑りやすく皆慎重に下る

林の中にこんな花が咲いていて心和ませてくれました
IMG_0971.JPG IMG_0975.JPG IMG_0983.JPG
   フシグロセンノウ           オミナエシの仲間・オトコエシ?             キオン

IMG_0981.JPG IMG_0982.JPG IMG_0984.JPG IMG_0986.JPG
   ヤマオダマキ          ソバナ            ジャコウソウ          テンニンソウ

          IMG_0990.JPG IMG_0989.JPG
          キノコも多く こんなところで雨の多さを感じます

8月は天候により予定していた山行を中止にさせていただく事が多く 皆さん残念に思われていた中 
天気が良くなる予報で期待し出かけたのに 結果はこのような事になってしまいました

秋はカラッと晴れわたる中での山を楽しみたいですね


posted by yamagen at 16:15| Comment(0) | 登山記録

2017年08月08日

北岳・間ノ岳

8月4日(金)〜6日(日)
日本で2番目・3番目に高い山に登りました

4日芦安バス広河原〜白根御池小屋(泊)
IMG_0779.JPG IMG_0780.JPG IMG_0783.JPG IMG_0784.JPG IMG_0786.JPG 
広河原を出て車道を行き吊橋を渡ると広河原山荘 ここから登りになる

IMG_0789.JPG IMG_0792.JPG IMG_0794.JPG IMG_0795.JPG
   急登が続く                              急登はここまで

IMG_0796.JPG IMG_0798.JPG IMG_0802.JPG
急登から解放されてまえの方からはおしゃべりが聞こえるようになるわーい(嬉しい顔)

IMG_0804.JPG IMG_0805.JPG IMG_0810.JPG
    白根御池小屋に着きました                                  デザートまで付いた夕食

            IMG_0812.JPG 
             小屋の前のテン場には次々とカラフルなテントが建っていく 

5日白根御池小屋〜大樺沢二股〜八本歯のコル〜トラバースルート〜北岳山荘(泊)
IMG_0815.JPG IMG_0818.JPG IMG_0821.JPG IMG_0826.JPG IMG_0820.JPG
青空の下 北岳に向け出発
IMG_0828.JPG IMG_0836.JPG IMG_0832.JPG
        大樺沢二股                  雪渓の脇に夏道が出ておりアイゼン必要なし

IMG_0839.JPG IMG_0837.JPG
  ミヤマハナシノブが登山道の右側にず〜っと続く

IMG_0840.JPG IMG_0842.JPG IMG_0845.JPG IMG_0846.JPG
    ミヤママンネングサ          ミヤマガラシ         イワベンケイ           ミヤマキンポウゲ      

IMG_0847.JPG IMG_0849.JPG IMG_0852.JPG
  だいぶ上がってきましたね                              大樺沢を振り返る 対岸には鳳凰三山

IMG_0853.JPG IMG_0855.JPG IMG_0857.JPG 
これから大樺沢を横切って右岸に取り付く                               ミヤマゼンコ?
        
IMG_0858.JPG IMG_0859.JPG IMG_0860.JPG IMG_0861.JPG
   ヨツバシオガマ         モミジカラマツ                        梯子がず〜っと続く         
IMG_0862.JPG IMG_0865.JPG IMG_0866.JPG
          北岳の岸壁が迫る                 やっと八本歯のコルに出た

IMG_0867.JPG IMG_0863.JPG IMG_0871.JPG
八本歯のコルはタカネビランジが咲き誇り疲れた心身をいやしてくれた     さあここからは岩場が続くので慎重に!

IMG_0870.JPG IMG_0873.JPG IMG_0883.JPG IMG_0874.JPG
イワギキョウ      イブキジャコウソウ         ミヤマオダマキ             タカネビランジ

IMG_0876.JPG IMG_0879.JPG
大岩が折り重なる所を登り切ると後は北岳山荘に向かってトラバースコース 花を楽しみながら歩く

IMG_0882.JPG IMG_0884.JPG IMG_0886.JPG IMG_0891.JPG
    キンロバイ     タカネコウリンカとキタダケトリカブト   ミヤマナデシコ         ミヤマムラサキ

IMG_0929.JPG IMG_0893.JPG IMG_0898.JPG IMG_0902.JPG
タカネツメクサとミヤマウイキョウ   ヤツガタケタンポポ      シラネヒゴダイ         ミネウスユキソウ
  
IMG_0888.JPG IMG_0889.JPG IMG_0894.JPG
ハシゴやロープが付いた岩場の通過               シナノキンバイが咲く                      
IMG_0892.JPG IMG_0899.JPG
イブキトラノオの群落には他の花もいっしょに咲き競う          霧の切れ間に北岳山荘が見えた「もう少しだ!」

IMG_0900.JPG IMG_0901.JPG  IMG_0909.JPG IMG_0905.JPG
隙間なく咲いたイブキジャコウソウ     ヒメコゴメグサ            ハクサンイチゲ    タカネヤハズハハコ

IMG_0903.JPG  IMG_0906.JPG IMG_0910.JPG 
ミヤマアキノキリンソウ     咲き残っていたキバナシャクナゲ                チングルマ   

IMG_0911.JPG IMG_0912.JPG
        北岳山荘に着きました                     霧湧く中白峰(右)
 IMG_0913.JPG RIMG8486.JPG RIMG8487.JPG
      必要なものだけもって間ノ岳を目指す

参加者8名中6名の方が間ノ岳まで足を延ばしました 
山荘までの体調をみてご自分で判断し2名の方が残りました
人によっては高度の影響を受けることもありますのでいい判断をされたと思います

北岳は日本第二位の高峰・間ノ岳は第三位の高峰です
その高峰を2座登るのですから 当然一日で登る高度差は大きくなります
普段の自分の力を知ることは大事なことです
1時間で稼げる高度を知っておきましょう
そうすることで「〜山」がその人に登れる山なのかおおよその判断がつくと思います

6日北岳山荘〜北岳〜北岳肩ノ小屋〜小太郎尾根分岐〜右俣コース〜大樺沢二股〜
    大樺沢〜広河原
IMG_0915.JPG IMG_0919.JPG
北岳山荘の部屋の窓を開けて雲海に浮かぶ富士山を見る         池山吊尾根より昇る朝日がテントを照らす
    IMG_0923.JPG IMG_0925.JPG


IMG_0926.JPG IMG_0932.JPG
     いよいよ今日は北岳山頂に立つ

IMG_0930.JPG IMG_0933.JPG IMG_0939.JPG
タカネシオガマとシコタンソウ             北岳山頂到着

IMG_0941.JPG IMG_0938.JPG
       山頂から見る間ノ岳

IMG_0942.JPG IMG_0945.JPG
    北岳肩ノ小屋に向かって下る                 小太郎山と人が立つ小太郎尾根分岐(右端)

IMG_0947.JPG IMG_0949.JPG IMG_0950.JPG IMG_0951.JPG IMG_0952.JPG
ヨツバシオガマとウサギギク  エゾシオガマ       クルマユリ         テガタチドリ   ミヤマオトコヨモギ

IMG_0954.JPG IMG_0958.JPG IMG_0957.JPG
ダケカンバの林の中はず〜っとマルバダケブキが続く    オトギリソウ         大樺沢二股に戻ってきました

ここから先は大樺沢を下ります
IMG_0960.JPG IMG_0962.JPG IMG_0963.JPG 
    タマガワホトトギス                ソバナ                    キツリブネ

IMG_0961.JPG IMG_0964.JPG
左岸から右岸へそして再び橋を渡って左岸へ          広河原山荘に出ました 後は吊り橋を渡って広河原に着く

2日目間ノ岳の帰りに雨に降られましたが それ以外歩いている間は降られることなくお天気に恵まれた山行でした

北岳に向かう途中体調不良を訴えた方がいましたが みんなで荷物を分担して持ち空身で歩いていただきました
北岳山頂からは自力で荷を背負い下山でき 次第に体調も回復し無事下山となりました

みなさん荷物の分担も快く引き受けてくださりほんとうにありがとうございました
誰の身にもどんなことが起こるか分かりません
普段から体力の維持・向上に努めることはもちろんの事 アクシデントに対する対処方法も大事ですね 



posted by yamagen at 17:56| Comment(0) | 登山記録

2017年08月07日

北アルプス最深部・長い長い山旅


7月26日(水)〜31日(月) 8/1予備日
薬師岳・雲の平・水晶岳・鷲羽岳・黒部五郎岳

26日折立でテント泊

27日折立〜太郎兵衛平〜薬師岳往復〜薬師岳山荘(泊)
RIMG8321.JPG RIMG8327.JPG RIMG8329.JPG 
折立・この先の天気に不安を抱きながらの出発       やっぱり雨カッパを着て歩くことに・・・

RIMG8330.JPG RIMG8331.JPG

この日薬師岳を往復しましたが山頂の写真がありません

28日薬師岳山荘〜太郎平小屋〜薬師沢小屋(泊) 
RIMG8353.JPG RIMG8358.JPG RIMG8359.JPG
薬師岳山荘をカッパを着て出発    段々景色が見えるようになってきた

RIMG8362.JPG RIMG8361.JPG RIMG8364.JPG
    キヌガサソウの群生                            晴れてきてこんな階段も安心して登れる

29日薬師沢小屋〜雲ノ平〜祖父岳〜岩苔乗越〜水晶小屋(泊)
RIMG8371.JPG RIMG8374.JPG RIMG8375.JPG
薬師沢小屋から吊橋で黒部川を渡る
RIMG8380.JPG RIMG8381.JPG RIMG8382.JPG
        雲ノ平でくつろぐ

RIMG8383.JPG RIMG8385.JPG
   花を愛でながら雲上の庭園を行く

30日水晶小屋⇆水晶岳〜ワリモ岳〜鷲羽岳〜黒部五郎小舎(泊)
RIMG8386.JPG RIMG8394.JPG RIMG8392.JPG 
  水晶岳

  
   RIMG8395.JPG RIMG8396.JPG
        鷲羽岳 

31日黒部五郎小舎〜黒部五郎岳〜太郎平小屋(泊)
RIMG8401.JPG RIMG8402.JPG RIMG8405.JPG

RIMG8408.JPG RIMG8411.JPG
   今回の山旅で一番の天気晴れ晴れ晴れ                        黒部五郎カール

RIMG8413.JPG RIMG8416.JPG

RIMG8417.JPG RIMG8419.JPG RIMG8418.JPG

RIMG8433.JPG RIMG8435.JPG

RIMG8438.JPG RIMG8439.JPG RIMG8445.JPG

RIMG8442.JPG RIMG8448.JPG RIMG8447.JPG 

RIMG8452.JPG RIMG8453.JPG RIMG8454.JPG

RIMG8455.JPG RIMG8457.JPG
        太郎平小屋はもうすぐ!

      RIMG8458.JPG
      長い長い山旅を同じ思いで歩いてきた仲間と北アルプスの山と頑張った自分に「カンパ〜イexclamation

1日太郎平小屋〜折立
RIMG8470.JPG RIMG8461.JPG  
予備日を使い太郎平小屋に泊まったため充分体を休めての下山になりました

RIMG8473.JPG RIMG8474.JPG RIMG8481.JPG

RIMG8476.JPG RIMG8482.JPG RIMG8478.JPG

          RIMG8483.JPG
          ヤッターexclamationハードな山旅をやり遂げた満足の笑顔で折立に

日本百名山4座
薬師岳(2926m)・水晶岳(2978m)・鷲羽岳(2924m)・黒部五郎岳(2840m)

の山旅は体力気力・かかる日数を含めかなりハードなものでしたが その分満足度は100%だったと思います
参加してくださったTさんAさんYさんありがとうございました
これからも長い山旅やちょっとハードな山に挑戦していってください

  


posted by yamagen at 23:06| Comment(0) | 登山記録