2018年03月09日

鹿俣山

3月6日(火)
玉原・鹿 俣 山

IMG_1547.JPG IMG_1548.JPG IMG_1551.JPG
  熊棚を発見             登るにつれブナが置くなる              枝先の霧氷が光る

IMG_1557.JPG IMG_1559.JPG IMG_1560.JPG
ゲレンデに沿った尾根なので左側はスキー場  武尊山の下の方が見えるようになりました   アイゼンに履き変える

IMG_1563.JPG IMG_1564.JPG IMG_1566.JPG
後方の斜面は先ほどスノーシューで大変な思いで下ったがアイゼンで快適に登る 赤いウェアーの彼女はアイゼン初体験

  IMG_1567.JPG IMG_1570.JPG
     この間買ったばかりの靴とアイゼンで山頂を目指す             「ワァ〜いい景色〜」

IMG_1571.JPG IMG_1573.JPG
 雪庇が落ちた後の雪壁を登りきれば後は緩やかに山頂へ         風が強く寒いが霧氷が素晴らしい

IMG_1574.JPG IMG_1577.JPG IMG_1580.JPG

IMG_1582.JPG IMG_1588.JPG
ザックを置き山頂直下の斜面でアイゼンワーク・ピッケルワーク   剣ヶ峰はガスってしまい見えなくなってしまった

IMG_1586.JPG IMG_1589.JPG IMG_1598.JPG

IMG_1590.JPG IMG_1575.JPG
            霧氷と浅間山                     左端に玉原湖・谷川は雲の中

IMG_1600.JPG IMG_1603.JPG IMG_1607.JPG
風を避けられる所でお昼ね!と下山  スキー場上部に沿ってなだらかに延びる尾根を行く 雲が取れ見えてきた剣ヶ峰

IMG_1613.JPG IMG_1616.JPG
         木の芽に春を感じる                     全コース貸し切りのここはブナ平

IMG_1619.JPG IMG_1622.JPG IMG_1624.JPG
                      玉原湿原をスノーシューで歩く             1月末登った尼ヶ禿山

前日は雨 風は強かったけどこんな素晴らしい天気晴れになり
素晴らしい景色に出合え よい山行ができました

雪山に行きたくて新しい登山靴やアイゼンや手袋など装備を揃え今日の日を迎えたAちゃん
雪山にはまっちゃいますね〜 靴やアイゼンが無駄にならぬよう山に行ってねexclamation






posted by yamagen at 21:18| Comment(0) | 登山記録

2018年03月03日

白毛門



3月3日(土)
ゲンさんと二人で白 毛 門に行って来ました
予報通りのポカポカ陽気晴れ
汗をかきかき登りました
RIMG0442.JPG RIMG0443.JPG RIMG0445.JPG
白毛門登山口の駐車場は雪の原 急登が待つ白毛門へ         早速この景色(西黒尾根と谷川岳)

RIMG0449.JPG RIMG0450.JPG RIMG0451.JPG 
スキーを担いだ3人組         谷川岳の景色もどんどんよくなる        登り始めて40分山頂が見えてくる                             
赤倉沢を滑るとか?(ネットで紹介されてますね)

  RIMG0453.JPG RIMG0454.JPG RIMG0458.JPG
    木もまばらな樹林帯の斜面    樹林帯を抜けると傾斜が増します

   RIMG0459.JPG RIMG0461.JPG
   松ノ木沢ノ頭から見る山頂                     谷川岳・一ノ倉岳
   遅れる私に「ゆっくり後から来い!」と言ってゲンさんは先に行きました
   
   RIMG0463.JPG RIMG0465.JPG RIMG0468.JPG
   松ノ木沢ノ頭を過ぎて山頂へとトレースは延びている

   RIMG0469.JPG RIMG0472.JPG
   けっこう長い最後の急斜面です   急斜面を登りきり登ってきた尾根を振り返る 後続の方が登ってきました

RIMG0475.JPG RIMG0479.JPG
急斜面を登りきった後は緩やかに山頂へとトレースが続く               山頂到着で〜す!

RIMG0493.JPG RIMG0498.JPG
   山頂から笠ヶ岳・朝日岳方面を見る             何人か後から登ってくるが土曜の好天にしては少ない

RIMG0487.JPG RIMG0486.JPG
        至仏山(左)と笠ヶ岳(右)                            上州武尊

RIMG0490.JPG RIMG0492.JPG
  燧ケ岳(右)と左側に見える三角の白い山は景鶴山                  尾瀬方面の山全景

RIMG0501.JPG RIMG0503.JPG
  一ノ倉岳・茂倉岳・武能岳素晴らしい景色

RIMG0484.JPG RIMG0483.JPG
     武能岳から蓬峠の馬蹄形縦走路                  七ツ小屋山とその右肩に大源太山

RIMG0505.JPG RIMG0507.JPG RIMG0509.JPG
さあ下山 慎重に下らなければ!                  登ってきた急斜面を避け右に回り込んで下る

RIMG0512.JPG RIMG0513.JPG RIMG0515.JPG
少し張り出した雪庇の間からの下りはかなり急・後ろ向きでしっかりピッケルを差し込んでステップを切って下る

RIMG0520.JPG RIMG0521.JPG
松ノ木沢ノ頭から谷川東面岩壁(あまりにも美しくまた撮ってしまいました)

RIMG0522.JPG RIMG0523.JPG
                                  松ノ木沢ノ頭から山頂を振り返る

   RIMG0531.JPG RIMG0533.JPG
      松ノ木沢ノ頭直下は少し急斜面 後は樹林帯に入る
   RIMG0534.JPG RIMG0536.JPG RIMG0538.JPG
     輝く谷川岳(何度も撮ってしまいます)  足が潜ってしまい最後の下りが一番大変でした 橋の雪は細く崩れそう 

そんな訳で訓練登山でしたが少しバテ気味で、個人的な山行をもう少しハードにやらないとダメだなと感じた一日でした。
北八ヶ岳の山行は病み上がりで心配してましたものの難なく歩けましたが、やはり北八ケ岳とは山の規模や難度が違うと改めて感じました。

白毛門は標高差約1,000mあり急登のコースです。特に下りでは的確なアイゼンワークやピッケルワークが必要であり、緊張感と慎重さが求められます。下山してからゲンさんに「お前が落ちるのではないかと思った」と言われましたが、「落ちるかな?」という不安は全くありませんでした。でも「慎重に行動しなくちゃ」という思いはずっとありました。

病気になって本格的な雪山登山から遠ざかって15年くらい経ちますので、無理するつもりはありませんが一歩一歩また積み上げて安全に雪山に行けるようにしたいと思います。

ちょっと恥ずかしいのですが、初めて今回の山行を「ヤマレコ」にも投稿してみました。カメラと慣れないスマホでも写真を撮っていたので、余計ゲンさんに遅れを取ってしまいました。

皆さんも自分に合った雪山を見つけ楽しんでいっていただきたいと思います
















posted by yamagen at 21:27| Comment(0) | 登山記録

2018年02月26日

北横岳・縞枯山〜茶臼山





2月24日(土)〜25日(日)
北八ケ岳
24日北横岳ロープウェイ〜北横岳往復〜縞枯山荘(泊)
IMG_1391.JPG IMG_1392.JPG IMG_1395.JPG
北横岳ロープウェイ山頂駅に降りると冷たい強風 余分な荷をデポして坪庭へ       坪庭から下って登り返す

IMG_1396.JPG IMG_1399.JPG IMG_1401.JPG
雪が新たに降ってないせいか針葉樹に付いた雪は殆ど落ちていた 三ツ岳分岐から北横岳ヒュッテで一休みし北横岳へ向かう

IMG_1406.JPG IMG_1408.JPG
ヒュッテを過ぎ風が当たらないような地形の所はこの通り          北横・南峰(2471.6m)から見た蓼科山

  IMG_1409.JPG IMG_1412.JPG
             南峰から北峰へ向かう

IMG_1414.JPG IMG_1417.JPG
   北峰山頂には登山者がいっぱい見える                    北峰(2480m)に着きました

IMG_1418.JPG IMG_1420.JPG
強風の中でも皆それぞれ記念写真を撮り景色を眺め「来てよかった!」

IMG_1422.JPG IMG_1424.JPG
「アイゼンを引っかけないように注意して下りましょう!」南峰の下りからは縞枯山・丸山・うっすらと天狗岳などが見える

IMG_1427.JPG IMG_1429.JPG IMG_1431.JPG
北横岳ヒュッテ前でツェルトを被り昼食を食べ縞枯山荘に向かう↑三ツ岳を左に見て 縞枯山下の雪原に山荘の青い屋根が見える
IMG_1433.JPG IMG_1434.JPG IMG_1435.JPG
      坪庭を行く         坪庭から一旦下り登った先は山頂駅       デポした荷を持って縞枯山荘へ

IMG_1437.JPG IMG_1439.JPG IMG_1446.JPG
三角屋根のステキな縞枯山荘  山荘では赤々と薪ストーブが燃え掘り炬燵にストーブからでた炭火が暖かい
自炊場で鍋を囲み白ワインやら焼酎霧島などで宴会 山の話はいいもんだ みんなそれぞれ山への思いがある 
みなさ〜ん山を楽しみましょう!

25日縞枯山荘〜縞枯山〜茶臼山〜大石峠〜出逢いの辻〜五辻〜ロープウェイ山頂駅
IMG_1450.JPG IMG_1449.JPG IMG_1451.JPG
縞枯山荘を後にして(7:45)                                      雨池山・縞枯山分岐

IMG_1456.JPG IMG_1458.JPG IMG_1460.JPG

IMG_1461.JPG IMG_1463.JPG
   もう急登はあそこまでですよ!ガンバッテ!                     縞枯山(8:35)

IMG_1467.JPG IMG_1472.JPG
        縞枯山から赤岳を見る                       縞枯山から北アルプスを見る

IMG_1479.JPG IMG_1481.JPG IMG_1486.JPG
ザックを置いて縞枯山展望台へ(9:00)                    赤岳・阿弥陀岳や南アルプスの山々を眺める

IMG_1487.JPG IMG_1488.JPG
   縞枯山展望台から見る茶臼山と南八ヶ岳

IMG_1490.JPG IMG_1492.JPG
   縞枯山を下り茶臼山へ登って行く                 茶臼山と標識があるのはこんな所(9:35)

IMG_1495.JPG IMG_1498.JPG
     茶臼山展望台から北横岳を見る                     霧ヶ峰と北アルプスの白い峰々

IMG_1497.JPG IMG_1502.JPG
 展望台から見た北横岳(右)と霧ヶ峰   展望台から見た南八ヶ岳(左の三角形は赤岳・右の大きな頂は阿弥陀岳)

IMG_1503.JPG IMG_1506.JPG IMG_1508.JPG
茶臼山展望台を往復し9:50茶臼山から下山                          10:10中小場

IMG_1511.JPG IMG_1517.JPG IMG_1516.JPG
    中小場から茶臼山を見る             茶臼山を下り切った所は大石峠

IMG_1522.JPG IMG_1523.JPG IMG_1524.JPG

IMG_1526.JPG IMG_1528.JPG
     出逢いの辻から五辻に向かう               五辻の手前に東屋がありそこで昼食(11:15〜11:40)

IMG_1536.JPG IMG_1538.JPG IMG_1539.JPG
出発準備をしていると「エッあれ何?」「自転車?」6〜7人の自転車部隊が雪道を走り抜けていきました

IMG_1541.JPG IMG_1543.JPG
針葉樹林をぬけるともう山頂駅はすぐです    12:40山頂駅に着きました下りロープウェイは当然すいています

1日目は強風の中の山行でしたが、この時期ではまずまずの天気でした。
予定通りの行動ができ、山頂を踏めてよかったと思います。

雪山山行はなかなか行きたい方が少なく残念に思っていましたが、今回は5人の方が参加してくださいました。
皆さん登れてよかったと言ってくださり、私たちも嬉しく思います。
皆さん口々に言ってくださるのは「雪山はいいよね〜!」です。

滑落の危険性などが低く安全な雪山登山もあります。そんな雪山の提案をこれからもしていきたいと思います。
そして雪山大好きさんたちに満足していただき喜んでいただけるといいなと思います。









posted by yamagen at 18:47| Comment(0) | 登山記録