2017年03月26日

ぐんま百名山ー阿能川岳

3月26日(日) 
天気予報では平地で一日雨模様・群馬の山沿いでは雪

一昨年は当日登山口で中止
昨年の残雪期を利用して登る山は雪不足ですべて中止
ということで今年は雪も多く期待していましたが あいにくの天気
しかしでなくゆきだるまですので決行 一番乗りで出発!

RIMG6716.JPG RIMG6717.JPG RIMG6718.JPG
 みなかみ側の仏岩駐車場登山口を出発               つづら折りのヒノキの林を行くと赤谷越(仏岩峠)にでる    

RIMG6721.JPG RIMG6724.JPG RIMG6730.JPG
やや細いがなだらかな尾根を進みヨシガ沢山を越え 送電鉄塔の下を通り少し登り上げるとやや右方向に進路を取る

RIMG6731.JPG RIMG6735.JPG
小枝に積もった雪は小正月の繭玉飾りのようにも見える こんな景色も今季もう見ることもないだろう

RIMG6740.JPG RIMG6750.JPG
    張り出した雪庇に突き当たりトレースを辿って迂回しその先へと進む

RIMG6752.JPG RIMG6754.JPG RIMG6755.JPG
天子山から先には岩峰が続き時間はかかってもロープをフィックスし安全第一で進む

RIMG6759.JPG RIMG6764.JPG RIMG6765.JPG
                  三岩山を過ぎればなだらかな尾根を進むだけ(特に今日のような天候時には雪庇に注意)
RIMG6766.JPG RIMG6770.JPG RIMG6776.JPG
やっと着きました「阿能川岳・1611m」短時間でお昼を食べ下山 もと来たコースを戻るだけ・・・

 RIMG6780.JPG  RIMG6782.JPG  RIMG6784.JPG

RIMG6785.JPG RIMG6787.JPG RIMG6793.JPG
                                     「長かったねぇ〜」といいつつやっと仏岩峠に着きました

日曜日ですので天候はよくないけど 途中で他のパーティーに追いつかれると思っていましたが 誰も追いついて来ず 阿能川岳一日貸し切りでしたわーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)

参加してくださった方たちは経験も体力も技術もまちまちで このような長〜いコースをアイゼンで歩いたこと自体はじめてに近いような状況でした 

一日中雪でしたが幸いにも風はなく雪はちらつく程度のため 三岩山から先と下山時鉄塔手前から2班に分かれての行動となりましたが 全員山頂に立てたことが何よりで皆さん達成感を感じてくださったことでしょう

先に下山したグループが10時間40分くらい 最後がプラス30分くらいと時間はかかりましたが 登るのが難しい山の一つぐんま百名山の阿能川岳に登った今日のメンバー ほんとうに頑張ってくれました 
よろこびをかみしめ ゆっくり休んでください お疲れさまでした



posted by yamagen at 23:32| Comment(0) | 登山記録

2017年03月24日

静かな小さな山の紹介

3月15日(水)
駒 見 山  600m
みどり市大間々小平の里(ふれあいの館駐車場)〜小平配水場下〜境界尾根〜510mピーク
〜駒見峠〜駒見山〜高倉山〜石祠三基〜上田バス停〜駐車場

余談ですがゲンさんは「みどり市観光ガイドの会」にも所属していて
3月25日(土)駒見山に行きます
RIMG6637.JPG RIMG6593.JPG RIMG6594.JPG
ふれあいの館から車道を進み3つの分岐を左方向へと進みます 杉林を沢沿いに昇ると境界尾根に上がる(標識あり)

RIMG6595.JPG RIMG6597.JPG RIMG6598.JPG
境界尾根を右へトラバース気味に進む    駒見峠から登り上げると510mのピーク     ピークからの急な下り
(この辺はツツジが多く花の頃もいいでしょうね)
RIMG6592.JPG RIMG6599.JPG RIMG6600.JPG RIMG6601.JPG
元に戻って反対方向に昇る  テープをたよりに進む        春の気配

RIMG6603.JPG RIMG6604.JPG RIMG6607.JPG
なだらかになり山頂はもうすぐ                                駒見山山頂に到着

RIMG6612.JPG RIMG6610.JPG RIMG6611.JPG  RIMG6608.JPG
山頂の標識が沢山ついている 標高の表示が 600mと614.4mのものがあります 600mはガイドブックに表示されているのと2万5千分の1地形図の等高線が600mまでの表示になっています 1万分の1の桐生市原形図には614.4mとなっています 


RIMG6613.JPG RIMG6614.JPG RIMG6615.JPG
なだらかな山頂部から急下降になる    三角点のある高倉山(584m)

RIMG6617.JPG RIMG6618.JPG
   石の祠が3基ある所から右方向に進路をとる       踏み跡程度の急な下りテープを確認しながら車道まで下る

林の中に入るとほとんど踏み跡程度となり獣道も多く
地形図コンパスを持ちルートを確認しながら登りたい山です

 里の花 もう春 
  RIMG6627.JPG RIMG6628.JPG RIMG6630.JPG RIMG6636.JPG

posted by yamagen at 13:55| Comment(0) | 登山記録

蔵王スノーシュー

NHKやBSで山番組を多数放送していますね
皆さんも楽しみにご覧になっていると思います

そこで取り上げられた山のいくつかを計画していこうと思っています
そこでちょっと遅くなりましたが3/23下見に行って来ました
スノーシューで「蔵王のスノーモンスター」を見に行きませんか?

RIMG6665.JPG RIMG6676.JPG RIMG6681.JPG
下は晴れていましたがリフトを降りると・・・                すさまじい風 ブリザードで前が見えなくなることも

RIMG6692.JPG RIMG6698.JPG
   刈田岳に近づくとモンスターが現れました

RIMG6704.JPG RIMG6711.JPG
   下山時山頂近くがうっすらと見えた         強風で山の輪郭に雪煙が上がり白くぼかしを入れたように見える

蔵王の東側「すみかわスノーパーク」から刈田岳まで行こうと計画しましたが 山頂の強風や新雪もけっこう積もっており安全第一で途中下山しました

下見の結果 東側からより西側からのコース取りを考えているところです
天候に恵まれれば刈田岳山頂から蔵王のお釜を見下ろすこともできるでしょう!

posted by yamagen at 12:16| Comment(0) | 登山記録