2017年06月05日

青田南葉山

5月17日(水)
青 田 南 葉 山 (949.3m)はの山でした

南葉山(なんばさん)は上越市と妙高市にまたがる山で 地元では北のピークから「青田南葉山」「籠町南葉山」「猪野山南葉山」とよんでいます

青田南葉山はなだらかな山容で標高こそ949.3mと千メートルに満たない山ですが 冬は日本海からの湿った風が吹きつけ豪雪となります 見ての通り上部はなだらかですので残雪がいつまでも残ります そして他の新潟の山同様たくさんの花たちが私たちを楽しませてくれます

RIMG7373.JPG RIMG7374.JPG RIMG7380.JPG
  南葉高原キャンプ場より歩き始める            トイレあり

RIMG7379.JPG RIMG7381.JPG RIMG7382.JPG
さっそくウワミズザクラが顔を見せてくれる       咲き残った春の花たち

RIMG7387.JPG RIMG7390.JPG RIMG7389.JPG


RIMG7393.JPG RIMG7392.JPG RIMG7395.JPG 
標高が上がるにつれ春一番の花も残っている

RIMG7409.JPG RIMG7410.JPG RIMG7406.JPG
  新緑がきれいexclamation

RIMG7412.JPG RIMG7415.JPG RIMG7420.JPG


RIMG7423.JPG RIMG7424.JPG RIMG7426.JPG

RIMG7427.JPG RIMG7428.JPG RIMG7430.JPG
6合目を過ぎると残雪が現れてくる    青空に映える新緑とマンサクの花

RIMG7434.JPG RIMG7433.JPG RIMG7438.JPG
落ち葉をどけてみるとカンアオイの花が出てくる

RIMG7440.JPG RIMG7444.JPG RIMG7447.JPG RIMG7538.JPG
7合目 展望台入口     展望台からの眺めー米山・日本海が見える

RIMG7448.JPG RIMG7452.JPG RIMG7454.JPG
展望台から山頂への登山道に戻って歩く     7合目から上残雪がどんどん多くなる

RIMG7463.JPGRIMG7464.JPG RIMG7466.JPG

 RIMG7474.JPG
          残雪とブナの新緑と青空

RIMG7483.JPG RIMG7489.JPG
     さあもう少しで山頂だexclamation                     着いたーexclamation


RIMG7491.JPG RIMG7494.JPG RIMG7498.JPG
山頂は雪に覆われているのでヤブが出ている所にみんなで座ってゆっくり昼食

RIMG7499.JPG RIMG7506.JPG RIMG7505.JPG
      山頂を後にし下山開始

RIMG7518.JPG RIMG7524.JPGRIMG7523.JPG

RIMG7526.JPG RIMG7529.JPG RIMG7391.JPG RIMG7553.JPG 
  途中の水場で休憩

RIMG7557.JPG RIMG7559.JPG
    南葉高原キャンプ場に戻ってきました

いい山でしたね 今年は特に雪が多かったせいで この時期でも残雪がとても多く 花と雪が楽しめた山でした
残雪がある箇所は急斜面ではなく この時期ならアイゼンも必要でなく 多少滑っても転ぶ程度ですむ山です
みなさんにお薦めの山ですので 来年行ってみて下さい



posted by yamagen at 23:09| Comment(0) | 登山記録

2017年05月24日

小秀山

5月13日(土)〜14日(日)
13日南木曽岳・14日小秀山の予定でしたが、雨のため南木曽岳は中止になってしまいました
その分14日の小秀山はスッキリとした青空の下 とてもいい山行になりました

RIMG7180.JPG RIMG7185.JPG RIMG7189.JPG RIMG7196.JPG
小秀山に向かう途中に川が堰き止められできた湖がある 林道からの登山口 最初から急登  心和ませてくれる花々

RIMG7201.JPG RIMG7202.JPG

 RIMG7222.JPG   RIMG7224.JPG   RIMG7225.JPG
 「フクロウ岩だって」「どこから見たらフクロウ?」「・・・」「まっいいか!」    横を回りこんで進む
RIMG7230.JPG RIMG7233.JPG RIMG7235.JPG

RIMG7247.JPG RIMG7249.JPG RIMG7252.JPG
    ショウジョウバカマに替わってオウレンがでてくる
RIMG7266.JPG RIMG7268.JPG
御嶽展望とあるので左右ばかり見ていたが・・・後ろを振り返るとこんな景色に「ワァー!」
RIMG7284.JPG RIMG7311.JPG
ゲンさんのHPトップに出てくる「小秀山」の標識がありましたよ!      暑い暑いと言いながら山頂で昼食
  RIMG7301.JPG  RIMG7283.JPG
  山頂からは御嶽山が噴煙を上げていました 噴火で亡くなられた方々のご冥福をお祈りいたします
RIMG7322.JPG RIMG7321.JPG RIMG7317.JPG
山頂の避難小屋「秀峰舎」とその内部 バイオトイレがあり木の香りがするとてもきれいな避難小屋でした
RIMG7345.JPG RIMG7339.JPG RIMG7356.JPG
さあ下山 景色を眺めながらも慎重に下りましょう                            白いショウジョウバカマ
RIMG7366.JPG RIMG7365.JPG RIMG7371.JPG
     あっという間に下ってしまいました
       RIMG7351.JPG RIMG7350.JPG
        この時期の小秀山はショウジョウバカマの山でしたね ずっ〜と楽しませてくれてありがとう!
posted by yamagen at 23:47| Comment(0) | 登山記録

2017年05月17日

佐渡・アオネバ渓谷

5月10日(水)〜11日(木)
金北山縦走の予定で佐渡に行きました。
天気予報ではあまりよい天気は期待できない状況の中
1日目は雨だったら宿泊予定の「ドンデン山荘」に直行としましたが、
曇りのため予定通りドンデン山荘までアオネバ渓谷経由で行けました。

IMG_8759.JPG IMG_8761.JPG IMG_8758.JPG IMG_8768.JPG
     登山口に向かう途中の道路わきにもオドリコソウがいっぱい もちろん歩き始めから はな ✿ 花

IMG_8764.JPG IMG_8783.JPG IMG_8769.JPG IMG_8777.JPG

IMG_8762.JPG IMG_8785.JPG IMG_8787.JPG IMG_8807.JPG

IMG_8786.JPG IMG_8812.JPG IMG_8809.JPG IMG_8817.JPG


IMG_8810.JPG IMG_8826.JPG IMG_8825.JPG IMG_8828.JPG

IMG_8836.JPG IMG_8837.JPG IMG_8843.JPG IMG_8834.JPG

     IMG_8771.JPG IMG_8770.JPG
     イワカガミの群生する登山道を行く

   IMG_8780.JPG IMG_8784.JPG
        花も新緑も沢の水も き れ い !

  IMG_8801.JPG IMG_8805.JPG
  シラネアオイ咲く登山道を行く

      IMG_8823.JPG IMG_8821.JPG
      アオネバ渓谷は下から上までニリンソウがいっぱい!

IMG_8829.JPG RIMG7159.JPG RIMG7160.JPG
      アオネバ十字路               ドンデン山荘

RIMG7156.JPG RIMG7158.JPG
ドンデン山荘から両津港を見下ろすが・・・            天気がよく視界が効くとこんなふうに見えるはずだが・・・

2日目は金北山縦予定でしたが あいにくの天気でマトネまで行くも 強風のため縦走は断念し引き返す
RIMG7162.JPG RIMG7165.JPG
    朝ドンデン山荘出発時雨                アオネバ十字路も雨だがまだ傘をさしていられる

RIMG7166.JPG RIMG7169.JPG RIMG7171.JPG RIMG7177.JPG 
雨でも花は静かに咲いている

RIMG7175.JPG RIMG7176.JPG
    マトネから先は強風台風                      もと来た道を引き返しドンデン山荘に戻る

花の島「佐渡」は期待を裏切らない花の百科辞典のような花の多さでした
アオネバ渓谷の登りも次々にいろんな花が現れ 急な登りもまったく気にならずに歩けます
2日目予定の縦走は雨台風で断念せざるを得ず残念でしたが 
アオネバ渓谷の花は充分楽しめました

参加してくださった皆さんお疲れさまでした 縦走断念という結果になってしまい残念ですが
また機会がありましたら今度こそ晴れ縦走したいですね

     IMG_8797.JPG
     佐渡のこの時期はシラネアオイ満開です
posted by yamagen at 23:52| Comment(0) | 登山記録