2017年03月24日

高野山

3月18日(土)〜20日(月)
高野山 表参道の町石道約20kmと女人道約7kmの道のり
悠久の時の流れを感じながら歩きました

九度山・真田庵
IMG_7372.JPG IMG_7380.JPG IMG_7377.JPG
群馬の我々にも おなじみの赤い六文銭入りの旗が迎えてくれた真田庵

高野山町石道
IMG_7391.JPG IMG_7399.JPG RIMG6639.JPG IMG_7412.JPG 
慈尊院からスタート 準備運動のようになが〜い階段から始まる
RIMG6641.JPG RIMG6643.JPG RIMG6645.JPG
    壱七参町石     朝日があたる(このあたりは柿の産地いたる所に柿の果樹園がある)

RIMG6647.JPG RIMG6651.JPG RIMG6653.JPG
     柑橘類の無人販売所           六本杉                  二ツ鳥居
      RIMG6654.JPG RIMG6655.JPG
          のどかな農村風景もどこか違って見えてくる

IMG_7472.JPG IMG_7474.JPG IMG_7479.JPG
          矢立はR480・R370が交差する                    昼食にしゆっくり休んでさあ出発

IMG_7483.JPG IMG_7481.JPG IMG_7485.JPG

IMG_7488.JPG IMG_7490.JPG IMG_7492.JPG
大きな杉の木に何度も出合うが何の標識もない      R480を渡って展望台へと登る    こんな可愛い案内石ある

IMG_7461.JPG IMG_7462.JPG
         展望台からの眺め ほとんどがスギやヒノキの人工林の中 こんな展望がうれしい

IMG_7493.JPG IMG_7497.JPG IMG_7500.JPG
R480の脇を下ってまた杉林の中へ     同じようなコースで「キツネにつままれたよう」と表現していた方もいた
IMG_7504.JPG IMG_7506.JPG
   最後の登りが短いがきつく感じる              やっと到着した大門の大きさに驚いてしまう

IMG_7509.JPG IMG_7510.JPG

IMG_7518.JPG IMG_7519.JPG IMG_7512.JPG
  中門の手前の国道の歩道上に「町石一番石」を見つける                     中門


壇 上 伽 藍
IMG_7430.JPG IMG_7431.JPG

IMG_7421.JPG IMG_7425.JPG IMG_7540.JPG
                                                宿となった金剛三昧院の夕食

不動坂口女人堂から奥の院前まで女人道を歩く>
RIMG6656.JPG RIMG6661.JPG IMG_7552.JPG
       嶽弁財天社                                 赤い鳥居をくぐって大門へ到着

IMG_7553.JPG IMG_7554.JPG IMG_7557.JPG
  大門からは国道を向こう側に渡って行く                    民家の裏手に道が続いている所もある
IMG_7561.JPG IMG_7565.JPG IMG_7567.JPG IMG_7568.JPG
              標識がいたる所に設置されていて迷うことなく進める

IMG_7578.JPG IMG_7583.JPG
  伐採されているため展望がよく気持ちよく歩ける

IMG_7587.JPG IMG_7590.JPG

IMG_7592.JPG IMG_7594.JPG IMG_7595.JPG
       轆轤峠へ下る       スタンプポストも設置されていてスタンプ集めも楽しい
IMG_7597.JPG IMG_7599.JPG IMG_7600.JPG
      しばらく広い林道を歩く
IMG_7601.JPG IMG_7603.JPG IMG_7604.JPG
                         円通律寺は修行専門道場なので拝観はできない
IMG_7608.JPG IMG_7610.JPG IMG_7615.JPG
「弥勒峠」までみなさんしっかり歩けたので予定通り奥の院前まで行きましょう  向こう側に下れば奥の院前の駐車場に出る

「高野山」にふさわしい穏やかに晴れわたる3日間の山旅でした 
身も心も穏やかに晴れやかになったような気にさせていただきました
こうして山を歩けることに感謝したいと思います




posted by yamagen at 11:36| Comment(0) | 登山記録

2017年03月14日

小笠原・母島

3月6日(月)〜11日(土)
なが〜い船旅で小笠原・母島の山を登ってきました
昨年おがさわら丸が新しくなり時間が短縮されたとはいえ 
竹芝桟橋から父島まで24時間と父島から母島まで2時間かかります
飛行場を・・・なんて話も聞きますが 
島民の方にとっては心配なこともあるかと思いますが 船でこんなに時間をかけて行くからいいのだと思います 
移住する若い人が多いようですが こういうところも魅力の一つなのではないでしょうか?

8日AM・乳房山
IMG_7024.JPG IMG_7025.JPG IMG_7026.JPG
登山口で靴底をよくブラシでこすって入山します

IMG_7028.JPG IMG_7034.JPG IMG_7035.JPG
所々に東屋が建っており展望を楽しみながらの休憩となる

IMG_7037.JPG IMG_7040.JPG

IMG_7047.JPG IMG_7056.JPG IMG_7061.JPG
ガジュマルのトンネルをくぐって行く                             亜熱帯らしい風景が続く

IMG_7053.JPG IMG_7064.JPG IMG_7063.JPG
  眼下には青い海が広がる       乳房山山頂に着きました  

IMG_7068.JPG IMG_7069.JPG
                                       山頂から眺めるあお〜い海!
IMG_7072.JPG IMG_7073.JPG IMG_7078.JPG
事前に申し込み 山頂標識のプレートをクレヨンで写し取って観光協会に持っていくと証明書が発行される
IMG_7082.JPG IMG_7085.JPG IMG_7088.JPG
                                                   眺めのいい尾根を気持ちよく下る

IMG_7094.JPG IMG_7095.JPG

IMG_7105.JPG  IMG_7100.JPG IMG_7101.JPG 
                                 小鳥の水飲み場 水が減っていたら通りがかった人が入れてやる
IMG_7111.JPG IMG_7112.JPG
     大剣先山の展望台へ             わぁ〜いい眺め! 大剣先山と沖港と元地の集落を一望

IMG_7117.JPG IMG_7119.JPG IMG_7121.JPG
                   展望台からあっという間に下に着いてしまった        下山口
IMG_7118.JPG IMG_7122.JPG IMG_7123.JPG IMG_7125.JPG
山の中家の周りどこにでもある      民家の軒先の花壇に咲く南国の花「君の名は?」   家の周りにはバナナが
セイロンベンケイソウ(葉から芽)

8日PⅯ・南崎・小富士

IMG_7151.JPG IMG_7127.JPG IMG_7129.JPG
  都道最南端より出発              擂鉢                 ワイビーチへと下る

IMG_7131.JPG IMG_7132.JPG
     波が荒いワイビーチから乳房山                  小富士から南崎を見下ろす

IMG_7135.JPG IMG_7136.JPG
     小富士の先端から南の島々を望む               小富士を後にしてもと来た道を戻る
IMG_7139.JPG IMG_7143.JPG IMG_7141.JPG
 島のどこにでも生えているタコノキ           葉が赤くなり落葉しているモモタマナ

         IMG_7146.JPG
         サービス精神旺盛でじ〜っと動かず撮影させてくれたオガサワラトカゲ

IMG_7150.JPG IMG_7149.JPG IMG_7148.JPG
  道路沿いの生垣にもなっているハイビスカス

9日・石門トレッキング
石門コースは小笠原エコツーリズム協議会認定ガイドの同行がないと入山できませんので 茂木永楽園の茂木雄二さんにお願いし行って来ました 一人のガイドさんで5名までしか参加できませんので今回の参加者5名で行って来ました
RIMG6540.JPG RIMG6541.JPG
                           葉っぱについている小さな生き物(殻をもたない陸産貝類)を見ています
RIMG6544.JPG RIMG6545.JPG RIMG6550.JPG

堺ヶ岳の山頂にも登れました

皆さんが石門トレッキングに行っている時 ゲンさんと私は北港まで送ってもらい大沢海岸や北村小学校跡や砲台跡など見ながら10kmほどの車道を歩いて帰ってきました

IMG_7154.JPG IMG_7155.JPG
          北港                  9:00ははじま丸が沖港へ向かいます クリックして拡大して下さい
IMG_7158.JPG IMG_7160.JPG IMG_7165.JPG
大沢海岸へは細かく標識が付いている  植生も変わってくる         何にもない「大沢海岸」でした
IMG_7169.JPG IMG_7172.JPG IMG_7173.JPG

IMG_7174.JPG IMG_7184.JPG IMG_7181.JPG
  手前の岩と奥の山との間が大沢海岸          北村小学校跡 シダやガジュマルに覆われ年月の長さを感じる

IMG_7191.JPG IMG_7204.JPG IMG_7199.JPG
   車道から東港を見下ろす         ゲットウにやっと遇えた

IMG_7195.JPG IMG_7200.JPG
        戦争の傷跡
IMG_7214.JPG IMG_7231.JPG IMG_7235.JPG
    時々海を眺めながらの帰り道         ナンバンサイカチの豆果  新田次郎が赴任したという気象観測所跡

道端にこんな花が咲いていました
IMG_7233.JPG IMG_7241.JPG IMG_7238.JPG


10日朝・小剣先山
RIMG6563.JPG RIMG6580.JPG RIMG6566.JPG
名の通り剣の先のような登りです        山頂から沖港方面を眺める      真下に見える宿泊した「民宿つき」

10日・母島父島を後にして
IMG_7274.JPG IMG_7282.JPG IMG_7280.JPG
   ははじま丸が入港       毎年来ているという農大生の別れの儀式?

IMG_7293.JPG IMG_7291.JPG
観光協会の方がペットボトルの水で描いたクジラやメグロなど 素晴らしい!感動!また来たくなってしまう!

IMG_7307.JPG IMG_7301.JPG
「民宿つき」の みどりちゃ〜ん・みなさ〜んありがとうございました〜

       IMG_7315.JPG
        いってきま〜す ははじま〜
IMG_7330.JPG IMG_7334.JPG IMG_7350.JPG
こちらは上陸しただけの父島ですが名物の見送りがあります    こんなにもたくさんの船がおが丸と並走してくれるんです

IMG_7353.JPG IMG_7360.JPG
そして最後は何人もの人が海に飛び込んで見送ってくれます この日は風が強く海は大波がたち船が前後左右に大揺れにも関わらず ず〜っとず〜っと先までも並走してくれました

   IMG_7368.JPG
      最後までおが丸についてきてくれた船の人たち

   みんなみんなありがとう いってきま〜す!ちちじま〜 ありがとう小笠原



     
posted by yamagen at 23:37| Comment(0) | 登山記録

2017年03月04日

上州武尊山

3月4日(土)
川場スキー場からリフトを利用しリフト最高点から歩き始めました
登山届は電子申請で提出しましたが 
それとは別にスキー場で登山届を出さないとリフト券は購入できません

RIMG6348.JPG RIMG6352.JPG RIMG6356.JPG
リフトを降りてアイゼンを付け出発準備   この素晴らしいお天気にまずは満足  最初の難関?はこの急斜面の通過


         RIMG6359.JPG
            その前にこの大展望をゆっくり眺めてから急斜面に取り付こうexclamation

RIMG6365.JPG RIMG6369.JPG RIMG6372.JPG
さあ行きましょう この斜面をクリアーしなくては・・・

RIMG6376.JPG RIMG6379.JPG RIMG6380.JPG
登り切るとこの景色「ワァ〜」と歓声

RIMG6388.JPG RIMG6393.JPG
次の難関はこのルート上の最難関「剣ヶ峰」の通過 慎重に焦らず行きましょう

RIMG6400.JPG RIMG6404.JPG

   RIMG6408.JPG  RIMG6410.JPG  RIMG6416.JPG 
   登りの危険度は多少低いしゆっくり登ればいいが 下りはこの通り「△△さ〜ん腰が引けてますよ〜」
   とは言ってもこの斜面を下り切れば後はなだらかな雪稜が続いています

  
RIMG6420.JPG RIMG6425.JPG

RIMG6434.JPG RIMG6435.JPG RIMG6439.JPG

RIMG6463.JPG RIMG6464.JPG RIMG6466.JPG
                         ここを越えた所で休憩しメンバーの疲れも見えザックをデポして山頂に向かう

RIMG6472.JPG RIMG6479.JPG RIMG6481.JPG
      あと一息山頂はもうすぐです

RIMG6486.JPG RIMG6487.JPG
               山頂から見る至仏山(左)と燧ケ岳(右)
                    
RIMG6490.JPG RIMG6497.JPG RIMG6506.JPG
山頂はこんなに賑やか  山頂を後にするが後から後から登ってくる人と下る人でいっぱい

RIMG6518.JPG RIMG6524.JPG
登ってきた所は下って 下ってきた所は登って・・・でもねあんな所越えなくちゃ・・・   午後の陽に照らされ光る稜線

RIMG6529.JPG RIMG6531.JPG RIMG6536.JPG
    最後の難関を越えていきましょうexclamation                無事にスキー場に戻って達成感いっぱいの皆さん

アイゼンを購入しこの日を楽しみにしていた方、ご自分の体力や経験を踏まえ剣ヶ峰が無理だったらそこまでで止めると言っていた方など それぞれ不安を抱きながら でも行ってみたいという気持ちをいっぱいもって参加してくれました 

ガイドブックで紹介しているように部分的に経験を積まないと難しい箇所もあるコースです
天気が味方してくれ こんな素晴らしい景色に出合えよかったと思います

皆さんのアイゼン歩行は見ている方が心配になるような場面もありましたが 皆さんが慎重に行動してくれ だんだんとアイゼン歩行にも慣れ無事に下山できました 
スノーシューでもアイゼンでも回数を重ね経験を積んでいくことが重要ですので 危険度の低い所をたくさん歩いて体を慣らしていって いろいろな山登りを楽しんでいただきたいと思います  
posted by yamagen at 20:56| Comment(0) | 登山記録